電脳せどりの手順やコツだけではなく、仕入先やリサーチ方法などのノウハウを動画で公開しています。電脳せどりは有料ツールやリストを使わなくても無料ツールだけで稼ぐ事ができます。ヤフオク仕入れやAmazon仕入れも公開しているので、無料の動画で電脳せどりを始められるのがMARUのブログの特徴です。

電脳せどりのやり方やコツ「初心者さんの質問に回答」Part1

どうも、MARUです。

電脳せどりを始めたばかりの初心者さんから
質問がありましたので回答をシェアします。

せどりの疑問や問題点、やり方などに関して
共通する悩みが解消できれば幸いです。

今回は『リサーチの悩みと利益率』に関する質問です。

    いつも、分かり易い動画を活用させて頂いております。

    初心者でわからない事ばかりですが、
    マルさんの動画はわかりやすくありがたいです。

    そんな中でもどうしても聞きたい事がありましたので、
    質問させて下さい。

    アマゾンでのリサーチでプレミア商品を見つけても
    ショップで売り切れ商品や中古商品が殆どでなかなか見つけられません。

    そんな時はどうしてますか?

    また、利幅が少なくても、
    売れそうな商品は仕入れた方がいいのでしょうか?

    利幅はどの位から仕入れの対象にされてますか?



・リサーチしてもなかなか見つけられない
・利幅はどの位から仕入れの対象にすべきか

この2点に関して回答したいと思います。



まず1つめの「リサーチしてもなかなか見つけられない」
という事ですが、頂いた質問内容からでは抽象的で答えが難しいですね^^;

どのくらいの時間で、どれだけの商品数をリサーチしたのか。
またジャンルや新品狙いなのか中古狙いなのか。

1つの商品をリサーチしている時間等によっても
全く答えが変わってくるからです。

またプレミア商品のみをリサーチしているのであれば
おそらくCDやDVD、ゲーム、フィギュア等のジャンルだと思います。


これらのジャンルの新品を狙うのであれば
プレミア価格の商品をリサーチするということで問題ありませんが、
他のジャンルではプレミアになっていないAmazon在庫ありの商品も
電脳せどりで仕入れ対象になる商品はたくさんあります。


せどりは「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスモデルです。

Amazonで在庫があろうと、定価超えしていない商品だろうと
安く仕入れて高く販売できれば全てが仕入れ対象となります。


今回の状況であれば、改善すべき点、
意識すべき視点を変えることで
まだまだ仕入れできる商品が見つかるようになります。

たとえば新品が見つからなくても質問にもあるように
中古品が仕入れができるのであれば、中古を仕入れすべきです。

また、ネットショップのみで仕入れようとしているのなら
ヤフオク仕入れも視野にいれるべきかと思います。


今回は仕入れできないというよりも「仕入れの判断基準」や
電脳せどり=新品のみという「固定概念」から
仕入れ出来る商品を見落としているように思います。


ですので、柔軟な視点で実践されると仕入れの幅が広がりますので
参考にして頂ければと思います。



そして2つ目の「利幅はどの位から仕入れの対象にすべきか」
この質問に関して僕なりの考えをお話します。

結論から言うと

利益が得られる(価格差がある)商品で、
確実に売れるのであれば「初めは利益を気にしなくて良い」と僕は思います。



電脳せどりを始めたばかりの初心者なのであれば
まずは少しでも利益になり赤字にならないのであれば
積極的に仕入れて販売すべきと僕は思います。

それが10%程しか利益を得られない商品だとしても
仕入れて販売するという一連の流れを経験することが重要だからです。

つまり、仕入れて販売できるという経験値を積み重ねていく必要があります。

こうした販売までの経験値を得ることで、
自分でリサーチした商品が売れるという事実を体感し
仕入判断基準も明確になってきますし、一連の流れも理解することが出来ます。


こうして自分でリサーチした商品が売れるという経験を得ることで
仕入判断基準も明確になってきますし、一連の流れも理解することが出来ます。


そこから徐々に商品単価や利益率を意識してみてください。

そして今回の「利幅はどの位から仕入れの対象にすべきか」
という質問には明確な回答はありません。



せどりもビジネスですので、
人によって回答も違いますし戦略も違います。

超高回転で確実に売れるのであれば10%でも良いですし、
動きが遅く売れるまで時間がかかりそうなロングテール商品であれば
利益率を重視して仕入れしていくなど「販売戦略」が異なるからです。

また僕の考え方や販売戦略とは違うように考える方もおりますので、
この利幅というのは個人個人で異なってきます。

ですので、ボーダーラインとする利益率を決めるもの良いですし
商品単価や回転の早い商品によって戦略的に仕入れていくことも正解だと思います。


ですので、一概に◯◯%以上の利益を得ましょう!
という回答にはなりませんので、状況に応じて利益率を考えて頂ければと思います。






読者さんに稼いでもらうためのメルマガを配信開始!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:MARU

会社勤めに不満がありネットビジネスの世界に参入。
「子供と一緒にいる時間を大切にしたい!」

その想いが原動力となり諦めず努力し続け、今では念願の独立を果たしました!

膨大な時間とお金を費やして得た知識や経験で、
最短で結果が出る正しい情報を発信しています。

一度きりの人生、一緒に変えませんか?



刈取りせどりの生映像

刈取りせどりの瞬間を公開!完全在宅せどりです。

仕入れ商品の判断基準

ランキング変動履歴で売れる商品が予測可能です!