今の時代は、海外だけでなく日本でもAmazonの需要は高いです。

ユーザーの中には、Amazonがないと生活できないという人もいるほどです。

Amazonへの需要が高いだけでなく、商品を海外から安く輸入して転売することで国内で仕入れて転売するよりも稼げる可能性もあります。

Amazonで転売する物を日本国内で仕入れる場合

  • 業者しか仕入れができない
  • 仕入れ値が高いというリスクがある
  • 素人ではそもそも難しくてできない
このような壁があります。

Amazonを使い輸入しての転売

 
  • 副収入を得たい
  • これから本業でやっていきたい
  • 国内仕入れに限界を感じる
このような方におすすめです。

しかし、初心者の方でこれからAmazonの輸入転売を始めるとなると、言語の問題や経験のないことから来る不安がありますよね。
MARU
MARU
そんな人に、Amazonでの輸入転売で儲けるコツと主な海外の仕入先をご紹介します。

Amazon輸入の転売で儲けるコツ


Amazonで輸入転売をこれから始める人や初心者の人でもこれだけを抑えておけば儲けることができます

そのために、商品の仕入れ方やAmazonでの転売方法についてご紹介します。

日本で売れている商品を把握

例えばAmazonで任天堂スイッチなどの関連商品でも

 
  • 話題の商品を取りあげる
  • 今人気があるものを把握する
などします。

Amazonで何が売れているのかをランキングで見て調べるのも良いです。

PCであれば、Amazonのトップ画面から上部にあるランキングというところから売れ筋ランキングのページに行って、

 
  • カテゴリーごと
  • 新着のランキング
などを見ることができます。

トレンドの商品でも儲けることができますが、Amazonでこれを転売しても一定の時期しか稼げない物になります。

トレンドだけではなく、Amazonで転売して

 
  • 今後も稼げるような人気商品
  • 儲けることができそうな商品
などを探すことがおすすめです。

まだ出品されていない類似品を見つける

すでにAmazonに出品されている商品であると、輸入転売してもライバル同士の争いにもなり、最悪価格競争に巻き込まれます。

せっかく海外から輸入してAmazonで転売しても、売れなければ不良在庫になってしまいます。

また、Amazonで出品されて人気のある物を販売しても、なぜか他の出品者から売れてしまうことがあります。

さらに、自分がAmazonでライバルよりも安く出品していたとしても売れないことがあります。

日本で売れているもので、まだAmazonで出品されていない類似品を先ほどのリサーチを使って見つけます。

もし輸入するものが見つからなければ、Amazonにある類似品の色違いなどが出品されていなければ、それを輸入をして転売することも必要です。

Amazonなどで類似品として売れている商品の色違いを輸入して出品することで、売れる可能性もあります。

ただ、色によっては人気がない色もあると思いますので、無難な白か黒のカラーがAmazonで出品されているリストになければ輸入してみましょう。

また、色違いの商品はAmazonで転売する際に、出品登録など簡単に済ませることができるのでおすすめです。

Amazon新規出品する

Amazonのセラーセントラルに登録していない人は、まずセラーセントラルに登録します。

それから、Amazonで新規出品をしていきましょう。

 
  1. セラーセントラルにログイン
  2. 出品する商品の必要事項を記入して出品
輸入した物でリストにない物は、Amazonに登録されていない商品ですので出品申請が必要です。

Amazonではブランド品の場合、出品申請をするのに事業所の証明など(ブランドごとに)必要になることもあります。

しかし、ノーブランド品の場合は、Amazonに商品の情報などを記入して申請するだけですので、比較的簡単に出品できて輸入転売に向いています。

出品申請が終われば出品することが可能になり、出品する商品の細かい情報入力などを得てから出品となります。

また、別途料金がかかりますがAmazonFBAでの出品も可能で、倉庫に預けて商品が売れたらその倉庫から発送してもらうことができます。
MARU
MARU
AmazonのFBAを利用しない場合は手数料が違いますので、送料も考えて配送会社などを選ぶ必要があります。

Amazonの輸入転売の主な仕入先


Amazonの輸入転売では中国だけでなく他の国からも仕入れることができます。

中国の主なECサイトや、そのほか輸入できる仕入れ先をご紹介します。

タオバオ


中国ECサイトでもトップに名を連ね、アリババグループが設立したCtoCショッピングモールです。

タオバオを見ていくと、Amazonで既に出品されている品物をたくさん見かけるでしょう。

商品を1個から購入することが可能ですが、日本国内からでは購入できませんので、タオバオで購入して日本に送ってくれる代行を使う必要があります。

仕入れ代行会社

 
  • ALA!中国
  • MAHOO!
となります。

ただ、タオバオは商品が豊富に出品されているものの価格が高めで、出品者の質もバラバラです。

転売する品を取り扱う販売者もしっかりリサーチして評価の良い、より安い出品者から購入し代行を使って輸入しましょう。

うまく安くて品質の良い品物を見つけられたら、Amazonでのライバルが見つける前に売り抜けられるとベストですね。

ティーモール


BtoC向けで日本からも出店している大企業が多数あり、商品に関しても信頼性がある物を出品しているのが特徴です。

CtoCでも一応可能のようですが、信頼性のある商品を出品しているのでタオバオと比べると、価格は少し高い場合があります。

ティーモールを見ていくと、やはりAmazonで見たことがあるものが多くありますが、タオバオと価格を比べると面白いですね。

アリババ


BtoB向けアリババグループを代表する有名なECサイトです。

BtoBのためロットで購入します。

残念ながら、決まった数量で購入するというルールがあるので、まずはサンプル品を取り寄せる交渉が必要な場合があります。

また、ロットでの購入になるため1つの商品を安く購入することができます

さらに、値段交渉も個々の品でできますので、

 
  • より安く仕入れる
  • OEM生産などの話をスムーズに進める
なども可能です。

OEMの物がAmazonで一定数売れるようになれば、ライバル不在で継続収入になりますね。

ebay


日本で言えばヤフオク!のようなサイトです。

電話やメールで疑問点を解決できることもあり、輸入転売の初心者で日本語しか知らない方でもサポートしてもらえるため安心して使うことができます。

しかし、CtoCのため素人が出品していることもあり、輸入し転売をする際にはコピー品や詐欺商品などを買わないように注意が必要です。

それでも、フリマアプリのようなところもありますので、レアな物を安く手に入れることも可能です。

ebayは、お宝をゲットして輸入しAmazonで高く転売できれば、楽しくなりますね。

海外Amazon


転売する物は、日本のAmazonだけでなく

 
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • フランス
などのAmazonから輸入することが可能です。

例えば「france amazon」と検索すれば出てきますので、日本で行っている登録とは別にfrance amazonに登録して購入することになります。
MARU
MARU
ただ、Amazonは中国から撤退しましたので、中国からの輸入は先ほどのアリババなどのECサイトなどから仕入れる必要があります。

Amazonで転売する商品を輸入をする時の注意点


Amazonで転売する商品を輸入する時に、いくつか注意点がありますのでご紹介します。

特に、通常日本では考える必要がないことであっても、輸入では犯罪や没収に当たるケースもありますので、貿易関係を知らない素人の方は特に注意が必要です。

コピー商品に騙されない

日本ではあまりコピー商品が販売されていることがありませんが、海外では日本よりコピー商品が多く取り扱われています。

実際に、コピー商品を高値で転売して逮捕される人も少なくはありません。

そのため、コピー商品かどうかを値段や販売先の評価を見て判断することが必要です。

 
  • 自分が知らないブランドであってもブランド品かどうか検索する
  • 転売しようとしているものがブランド品でないことを確認する
などしてから輸入する必要があります。

Amazonは、コピー品に神経質になっているので、間違って出品すると最悪アカウント停止になるので、気をつけていきましょう。

関税が高い商品がある

税関では目安として関税の比率を紹介しています。

その中でも関税が高い商品

 
  • 足の甲の部分に革を使っている履き物・・・最高30%
  • 毛皮のコート・・・20%
  • 繊維製のコート・ジャケット・ズボン・スカート・・・8.4~12.8%
  • シャツ・肌着・・・7.4~10.9%
などとなっています。

また、食べ物は関税が高い傾向にあります。

しかし、これらはあくまでも目安であり、実際にはさらに関税がかかる可能性もあります。

関税も輸入の際のコストになりますので、なるべく革を使っていない物や、関税が無料のものなどを輸入することをおすすめします。

例えば、Tシャツを購入したとして、課税価格が1万円未満であれば免税になりますが、1万円を超えるとかかりますので、より関税が高い商品を輸入する際は注意が必要です。

 
 

輸入が禁止されている商品をおさえておく

  • ワシントン条約該当品
  • 武器
  • 偽物
などの輸入が禁止されています。

そのほか輸入する時に、知らない間に麻薬なども商品に混じって入ることも考えられますので注意が必要です。

しかし、

 
  • ワシントン条約該当品の素材を使用した小物
  • ヌンチャクなどあまり武器のイメージがないもの
などでも禁止に該当する場合もあります。

偽物ブランド品、コピー品はもちろんのこと輸入が禁止されていますが、このような品は海外の方が日本よりも簡単に手に入ります。

また、ブランド品に該当していないと判断できる物を購入して輸入しても、実際に届いたのがブランド品のロゴが入っているものなどもあります。
MARU
MARU
転売する仕入先をしっかりと精査して、くれぐれも怪しい販売者からは購入しないように心がけましょう。

輸入転売でライバル不在の方法がある


一般的に輸入しての転売は、先進国と言われる国から仕入れをします。

発展途上国と言われる国では、

 
  • ネット販売が無い
  • 貿易ルートが無い
などであったりします。

逆に参入が厳しい発展途上国から輸入することで、Amazonでの転売ライバルが入りにくいので差をつけることができます。

また、中国でもAmazonでも日本に輸入することができないショップもECサイト内にあります。

その場合は、仕入れ代行に任せますので、手数料などを再度計算して輸入を依頼することが必要です。

まとめ

転売する物を輸入する場合、

 
  • 言語の壁
  • 仕入れの計算
  • 仕入れる商品そのもの
などに悩む場合があります。

言語の壁はインターネット上だけで仕入れるのであれば、翻訳が可能ですので特に問題はないかと思います。

しかし、日本と海外の文化の違いなどで交渉がうまくいかなかったり、電話などで話すと言語の壁もあるかもしれませんが、慣れてきてから挑戦するでも問題ありません。

最悪インターネット上で翻訳し交渉をするだけでも、転売する品物を輸入することが可能です。

海外からの輸入に不安を感じていても意外とやってみると慣れることもあり、続けてやっていくと習慣になります。

 
  • コピー商品
  • 輸入してはいけない物
  • 関税
などは輸入する時常に考える必要があります。

 
  • 安いから仕入れたい
  • ちょっとくらい大丈夫
など思っても、

 
  • コピー商品であれば関税で没収される可能性がある
  • 関税が高いと利益率が下がり良い物を仕入れてももったいない状態になる
などになります。
MARU
MARU
また、輸入する際はAmazon FBAシミュレーターを使うことで、便利に送料や利益を計算することができるのでうまく活用していきましょう。

オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月2名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】

中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。

オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。

面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。

●オンライン個別相談会 現在2名限定募集

【日時・締切日】
毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制)
毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)


※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接方法】オンライン電話
【参加料金】現在は無料(期間限定)
【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)


> 今すぐ詳細を確認する!

15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!



公式LINE@+プレゼントはコチラ!