メルカリで取引する上では、基本的に自分の住所を出さなければいけません。

「らくらくメルカリ便」以外は、買う方も売る方も、相手に住所を見せることになります。

しかし住所が相手に見られるとなると、「悪用されるのが怖い」と感じる人もいるでしょう。

特に住所をはじめとした個人情報などについて、きちんとしたリテラシーを持っている人には重要な問題ですよね。

実際、ある程度注意しておかないと、住所を悪用されたり、個人を特定されたりすることもあります。

今回は、

  • 住所を悪用されることはあるか?
  • メルカリにおける住所などの管理が問題ないか?
  • 悪用させないために、できること

などを解説します。

MARU
MARU
そこまで敏感になる必要ありませんが、念の為知識として知っておきましょう。
mail-sp

メルカリにおける住所の悪用事例とは?

住所

メルカリにおける住所の悪用事例としては、以下が挙げられます。

  • ネットに晒す
  • 送料を自己負担させられる
  • 嫌がらせの手紙や荷物が届く
  • 住所をダシに脅される

それぞれについて、下記で詳しく解説します。

 

ネットに晒す

メルカリにおける最も多い住所の悪用方法は、「ネットに晒す」というものです。

具体的には、問題があった取引相手をSNSで晒したりします。

例えば、下記のような形ですね。

商品が不良品だったので、晒したという具合です。

他にも、

  • 「取引メッセージで揉めごとがあった」
  • 「商品が偽物だった」

という理由での晒しもありました。

さらには、「5ちゃんねる」ではムカつく取引相手を晒しあげるスレッドまで存在します。

(引用:5ちゃんねる

ネットで晒される場合は、「晒される側にも問題があった」というケースがほとんど

きちんとした対応を取っていないと、メルカリ上の取引相手にTwitterで住所などを晒されるかもしれません。

とはいえ、取引上の問題があったとしても、「住所を晒してよい」わけではありません。

もし自分の住所などが晒すという形で悪用されているなら、きちんと法的な対応などを取る必要があります。

ただ、「自分が悪いのに逆恨みして、あなたの住所を晒す」という、とんでもない人もいます。

そういった人とは、そもそも深くかかわらないことが重要です。

 

送料を自己負担させられる

メルカリでは、住所を悪用して、「送料を自己負担させる」という手口が存在します。

メルカリにおける配送は、いわゆる

  • 発払い
  • 着払い

いずれかを選択することが可能です。

しかし、以下のような手口で、無駄な送料を負担させる人もいます。

  • 着払いで商品が到着する
  • 相手が、商品だけを抜き取った上で受け取り拒否する
  • 商品が返送されて、送料を自己負担させられる

こういったことをしでかしそうな人とは、そもそも取引しないことが重要です。

 

嫌がらせの手紙や荷物が届く

もっと悪質な住所の悪用方法として、「嫌がらせの手紙や荷物を送りつける」というものもあります。

悪口を書いた手紙や、明らかに気分を悪くすような物品が届くわけですね。

これは、

  • 名誉毀損罪
  • 侮辱罪

に該当しうる行為です。

こういったことがあれば、警察へ通報する必要があります。

 

住所をダシに脅される

住所をダシに脅されるケースもあります。

例えば、「住所を晒されたくなかったら、○○をしろ」というようなことを言ってくるわけですね。

もちろん、これはれっきとした

  • 脅迫罪
  • 強要罪

に該当します。

しかし取り扱っている商品のジャンルなどが関係して、相手の言いなりになってしまうケースもあります。

MARU
MARU
住所が悪用されたくないなら、ある程度対策しなければいけません。

メルカリで住所を悪用されないか心配!個人情報の取り扱いは?

メルカリで住所を悪用されないか心配!個人情報の取り扱いは?

悪用とは少し外れてくるかもしれませんが、やはり住所を含める個人情報の流出も心配する部分があるでしょう。

ここでは、メルカリにおける

  • 「個人情報流出トラブル」
  • 「個人情報の管理体制」

について解説します。

 

過去に個人情報の流出はあった

残念ながら、メルカリでは個人情報の流出事件がありました。

可能性は低いですが、自分の個人情報も流出しているかもしれません。

2021年5月22日のケース

2021年5月22日、メルカリでは27,000件の個人情報流出トラブルがあったと報道されています。

(引用:讀賣新聞

発表内容によれば、2013年8月から2014年1月に利用していたユーザーの、口座情報が流出したとのこと。

またプレスリリースによれば、

  • 2015年11月〜2018年1月におけるサービス対応情報217件
  • メルカリ・メルペイの、一部の取引先に関連した情報7,966件

なども、流出しています。

原因としては、メルカリが使っているプログラミングスクールが、何者かによって攻撃されたそうです。

メルカリが単独でやらかしたわけではなく、メルカリもまた被害者で、あまり責められるようなことではありません。

また、流出した情報は古いし、しかもそこまで数は多くありません。

自分の情報がメルカリから流出して、悪用されている可能性は低いでしょう。

また住所や電話番号など、致命的な情報は流出していません

 

2017年6月23日のケース

かなり前の話ではありますが、2017年にも個人情報流出がありました。

(引用:メルカリ

プレスリリースによれば、「2017年6月22日 9:41-15:05の間、WEB版において、最大でおよそ3万名の個人情報を閲覧できる可能性が、”理屈の上ではあった”」とのこと。

閲覧できる可能性があった個人情報は、

  • 住所
  • 氏名
  • メールアドレス
  • クレジットカード下4ケタ
  • 出品履歴
  • やることリスト

など。

住所を含めて、とても重要な個人情報ばかりですね。

ただ、実際に個人情報を閲覧された可能性は、極めて低いと言われています。

なぜなら、宝くじで一等が当たるくらいの偶然が重ならないと、個人情報が流出しているページにはたどりつけなかったから。

よって、この問題について自分の個人情報流出や悪用被害を心配する必要はほとんどありません。

 

メルカリでの個人情報の取り扱いはザルか?

メルカリでの個人情報の取り扱いは「ザルなのでは?」と思う人もいるでしょう。

結論から言うと、メルカリでの個人情報取り扱いは、かなりしっかりしている部類です。

(引用:メルカリ

メルカリは、「個人データの安全管理に係る基本方針」として、上記を掲げています。

先程のように個人情報が流出したこともありますが、問題になったのは、長年運営していてたった2回だけ

そして流出した情報はものすごく限られた内容で、少なくとも住所を悪用されるようなトラブルではありません

MARU
MARU
個人情報管理に関係して起こした問題は少ない方で、メルカリはある程度優秀だと言えます。

メルカリで住所を悪用されない対策6つ|販売者と購入者別

メルカリで住所を悪用されない対策6つ|販売者と購入者別

リテラシがー高い人は、「できるだけメルカリで住所の悪用を避けたい」と考えるでしょう。

特に女性の場合は、結構気を付けたいところです。

下記ではその方法について、

  • 販売者サイド
  • 購入者サイド

に分けて、その方法を解説します。

 

販売者サイド

自分が販売者だった場合、以下のような方法で、住所の悪用を避けることが可能です。

  • 匿名配送
  • 購入者の評価を確認
  • スムーズに取引する

 

匿名配送の設定

匿名配送を設定することで、住所の悪用はほぼ完璧に防げます。

つまり名前や住所を出さずに発送できる「らくらくメルカリ便」を使おう!というわけですね。

(引用:メルカリ

住所を出したくない人は、「らくらくメルカリ便」を使っておけば問題ありません。

また、取引相手側も名前や住所が公開されない仕組みなので、お互いに安心して取引することが可能です。

 

購入者の評価を確認

メルカリで、住所を悪用されたくないなら、購入者の評価を確認しておきましょう。

購入者の評価が悪い人は、何かしらのトラブルを起こしてきた人です。

取引でも揉めた結果逆恨みして、SNSや5ちゃんねるで住所を晒すかもしれません。

もっと過激な形で、住所を悪用することもあるでしょう。

メルカリでは、購入者の評価を確認し、問題があるなら取引しない姿勢が必要となります。

 

スムーズに取引する

メルカリで住所を悪用されたくないなら、とにかくスムーズに取引することを心がけましょう。

先程、「問題がある取引相手の住所や名前を、SNSで晒すケースがある」と解説しました。

つまりスムーズに取引が進まなかった場合、「住所を晒す」という行動をとる人もいます

つまり「こいつを晒してやろう!」と思われるような、非常識な取引をしてはいけないということですね。

特に、

  • 出品物の状態を偽る
  • 発送が遅れる
  • 取引相手に不愉快なことを言う

といったことは避けましょう。

 

購入者サイド

購入者サイドがメルカリでの住所悪用を避けるなら、以下の方法が考えられます。

  • 必要ないのに名前や住所を聞き出そうとする人には注意
  • 匿名配送を設定しておく
  • 評価の低い出品者とは取引しない

それぞれ解説するので、参考にしてください。

 

必要ないのに名前や住所を聞き出そうとする人には注意

メルカリでは、取引上必要でもないのに、名前や住所を聞き出そうとする人がいます。

こういったケースでは、何らかの方法で住所の悪用を企んでいると考えて問題ありません。

必要もない名前や住所は、絶対に教えないようにしましょう。

 

匿名配送を設定しておく

冒頭でも触れましたが、「らくらくメルカリ便」を利用すれば、住所と名前は控えた状態で取引することが可能です。

(引用:メルカリ

そもそも名前と住所が公開されないので、悪用されるはずがないというわけですね。

「住所の悪用が怖い」と考えている人でも、「らくらくメルカリ便」を使えば安心です。

出品者が他の配送方法を指定していた場合は、「らくらくメルカリ便でお願いできませんか?」と交渉してみましょう。

 

評価の低い出品者とは取引しない

メルカリで住所の悪用を避けたいなら、やはり評価の低い出品者とは取引しないようにしましょう。

評価が低いということは、それだけたくさんのトラブルを引き起こしてきたと考えられます。

だとすると逆ギレした挙句、こちらの住所を悪用して何か悪さするかもしれません。

そうでなくとも、他のさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

MARU
MARU
したがって、評価の低い出品者とは取引しないようにしましょう。

メルカリで住所を悪用されないように匿名配送(らくらくメルカリ便)を設定するやり方

匿名配送(らくらくメルカリ便)を設定するやり方

らくらくメルカリ便を利用すれば、名前と住所が公開されない「匿名配送」を利用することが可能です。

出品者と購入者、それぞれで匿名配送に設定する方法を解説しておくので、参考としてください。

 

出品者が匿名配送を設定するやり方

出品者が匿名配送したい場合は、出品画面で「らくらくメルカリ便」を選択しましょう。

これだけで、匿名配送で、安心して取引できます。

 

購入者は、出品者に匿名配送をお願いしよう

購入者は、配送方法について基本的には指定できません。

よって出品者に「らくらくメルカリ便で配送して欲しい」と交渉する必要があります。

注意して欲しいのは、「必ず商品購入前に、交渉する必要がある」ということ。

なぜかというと、らくらくメルカリ便は、商品購入後に指定し直した場合、名前と住所は公開されてしまうからです。

つまり「まだ買っていない状態で言い出さないといけない」というわけですね。

 

返送があったら、名前と住所が必要になることも

ただし、「らくらくメルカリ便」を利用していても、名前と住所が必要になるケースもあります。

具体的には「商品がサイズオーバーなどで、出品者側へ返送された場合」などが該当します。

返送があった場合、取引メッセージで配送先情報(=名前・住所)を確認しなければいけません。

(引用:メルカリ

MARU
MARU
つまりらくらくメルカリ便では、絶対に返送がないように注意する必要があります。

メルカリで住所を悪用された時の対処法

メルカリで住所を悪用された時の対処法

既に何かしらの形で、住所を悪用された人もいるかもしれません。

そんなときは、以下3つの対処法が考えられるでしょう。

  • 取引メッセージやSNS、直接抗議する
  • メルカリ事務局に相談する
  • 警察や弁護士に相談する

 

取引メッセージで、直接抗議する

メルカリで住所を悪用されたと気づいたら、ひとまず取引メッセージやSNSで直接抗議しましょう。

この時、ただ「やめてください」と言うだけでは、あまり効果はありません。

やはり「すぐに対応しなければ、警察へ通報します」といったフレーズが必要です。

警察という単語を出せば、さすがに相手もビビってくれます。

通報するつもりがなくても、「このままだと大変なことになる」というのを、しっかりと理解させましょう。

 

メルカリ事務局に相談する

メルカリの住所悪用に気がついたら、まずはメルカリ事務局に相談するのがよいでしょう。

基本的にメルカリは、「何かあったらユーザー同士でトラブルを解決してね」というスタンスを取っています。

ただし、あまりにも取引相手が悪質だった場合、介入して対処してくれることも。

どのように住所を悪用されたのか、メルカリ事務局に報告してみましょう。

そうすれば、

  • 「利用制限」
  • 「永久追放」

などの処置を取ってくれるかもしれません。

 

警察や弁護士に相談

中には、警察や弁護士に相談しなければならないケースもあります。

特に悪質な住所悪用があった場合は、すぐに相談しましょう。

ただ、警察や弁護士が動いてくれるかは、わかりません

それでも万が一のことを考えて、きちんと相談すべきです。

できるだけすぐに対策して、住所による悪用の被害を少なくしましょう。

まとめ

メルカリは、基本的に名前や住所を公開しないと、取引できません。

そして、公開された名前や住所を悪用するケースも、ときどきあります。

特に取引で揉めたり、こちら側に落ち度があった場合、「SNSで名前と住所を晒す」という悪用方法は多いものです。

これを避けるためには、普段から常識的な取引を心がけるのが重要だと言えるでしょう。

さらに悪質な場合は、住所をダシにした脅迫を仕掛けてくるケースも。

こういったトラブルを避けるなら、そもそも評価が悪い人とは取引しないという姿勢でいることが重要です。

「どうしても名前や住所を出したくない」と考えているなら、「らくらくメルカリ便」を使うのがベスト

これなら、名前や住所がそもそも公開されないので、悪用されるはずもありません。

メルカリは便利なサービスですが、個人情報をどう扱うかというのは重要です。

そこまで敏感になる必要はありませんが、万が一のことも考えて、安心してメルカリを使えるようにしましょう。

MARU
MARU
今回はメルカリで住所を悪用されないかについてお話ししました。この他にもせどりや転売に関する有益な情報をメルマガでお届けしています。15個の特典付きメルマガはこちらから登録できます!

 

【相談料5000円→無料】850名の指導実績!



オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月5名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】
中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。
オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。
●オンライン個別相談会 現在2名限定募集
【日時・締切日】 毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制) 毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)
※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません
【面接方法】Zoom 【参加料金】そろそろ値上げ間近!5000円→無料(期間限定) 【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)

> 今すぐ詳細を確認する!


15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

mail
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!


MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

maru-consul
今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!

著者情報/運営者情報