転売はダメだと世間的にはあまりイメージが良くないです。

しかし、真面目に迷惑をかけずに転売をしている人もいます。

例えばAmazonで販売されている商品の多くは、転売をしている人が出品している可能性もあります。

そう考えると本当に転売がダメだと言えるでしょうか?

Amazonでのお買い物の便利さも考え、ひどい転売の仕方をしている人が多いと言えるでしょうか?

もし

  • ひどい転売の仕方
  • ダメだと言われる転売のやり方
などで転売をしているのであれば、その転売者から購入している人はどう思っているでしょうか?

必ずしも転売をしている人がダメだと言えないのです。
MARU
MARU
最近はsnsなどで簡単に批判することができるようになりましたが、ちゃんと転売の何がダメなのか知らないで批判をしていると犯罪になることもあります。なぜ転売がダメと言われるのか、その理由を逮捕事例も含めご紹介します。

転売がダメな理由とは


転売全てが悪いわけではありません

転売がダメな場合の理由は、それなりにあります。

ここではその理由についてご紹介します。

知らない間に法律違反をしている(偽物転売)

転売はフリマアプリやAmazonのマーケットプレイスを使って、気軽にできるようになりました。

そうやって気軽に転売ができる反面、偽物だと知らないで転売している場合も多いです。

セカンドストリートなどの中古取り扱い店でも、偽物を普通に販売している場合があります。

 
  • そのようなお店から仕入れて転売
  • 使用目的で購入し不用品となったため転売
などをすると法律違反になっている場合があります。

知らない間に法律違反していては、転売のダメな理由に当てはまってしまいます。

ブランド品を取り扱う時には、本物かどうかを見極める目が必要なので、わからない場合は手を出さない方が安全ですね。

人気アーティストのコンサートチケットなどを買い占める

日本では、ほとんどの都道府県でチケットの高額転売は条例違反となっています。

ただ、条例によっては例えば自分がアーティストのコンサートに行けなくなったから、と言う理由でチケットの販売金額以下で売りたくても転売することができません

このようにいかなる理由でも転売できない場合があります。

また、チケット転売禁止法もあり不特定多数の人にチケットを転売する行為は違法になってしまい、100万円以下の罰金か1年以下の懲役があり、転売がダメな理由になります。

人気アーティストのコンサートにかかわらず、ディズニーのチケットでは購入した本人でないと入場できない工夫がされています。

フリマアプリで転売しようとしても、他の人の手に渡ってしまっても入場できないためチケットの転売自体が意味をなさないようになっています。

品薄の商品を転売目的で書いまくる

コロナウイルスの影響でマスクや消毒液などが品薄になりました。

その原因の1つとして考えられるのは、転売目的で買い占める人です。

コロナウイルスが大きな話題になれば、マスクや消毒液は誰もが欲しがるものになると考え、転売目的で買い占める人がいました。

次第にマスクや消毒液は品薄になり、日本では

 
  • 小売業者以外のマスク
  • 消毒液関連の商品
などを販売転売禁止にしました

マスクや消毒液がコロナウイルスの影響で品薄になり、価格が高騰しすぎるのを抑えたということで、転売がダメな理由となりました。

価格競争はビジネスにおいて見過ごせませんが、コロナウイルスの影響で枯渇してしまうと、本当に必要な人に届かない可能性もあります。

こう言った品薄の商品を転売する行為は、批判の的になります。

任天堂スイッチも人気になり、品薄な状況が続きました。

しかし、転売目的で購入する人が多いため、1人1台までの規制を店側がするなどの対処もしていました。

ですが、結果的に道徳に反することとして転売をする人に対しては非難され続けました。

結果ネットユーザーなどに批判される

違法なことはもちろん社会的に批判されて当たり前の世界になっています。

特に、現代ではネット上で簡単に自身の考えを投稿することができます。

一度ネットに出てしまうともう消されることは難しいですし、違法でなくても道徳に反することをするというのは結果的に批判される理由になります。
MARU
MARU
特に、転売する人に対しては一般庶民を無視して安く買い占め、高く売り払うというダメなイメージもあるため批判の的にされやすくファンが怒りの感情に走りますね。

転売がダメな理由を知れば逆もできる


ダメな転売の理由を知ったところで、それではどうしたら良いのか?本当の転売を知る必要があります。

何がダメで何が良いのか知っておかないと、転売の何がダメなのか細かく知ることができません

ここでは、転売のダメな理由から逆に本当の転売をご紹介します。

仕入先・自分・転売先の三方良しが理想

  • 買い占めをしない
  • 自分も利益を得られる
  • 転売先も安い価格で手に入れられる
などであれば、仕入れ先・自分・転売先それぞれ良い思いをします。

仕入れ先
  • 買い占められると、消費者からの苦情が殺到する
  • より高額で転売されるとあまり利益を出せていない
などの可能性もあり転売がダメな理由になります。

また、転売先も高額転売をせず良心的な価格で転売することができれば、消費者からも慕われます

最後に仕入れ先、転売先が良い思いをして、自分も利益を得られれば、嫌がられる転売者として批判されず堂々と転売することができます。

嫌われるのではなく喜ばれるのが本当の転売

今の時代コスパがかなり求められ、道徳に少しでも反すれば批判されやすいです。

詐欺が増え、だまされ払わなくても良いお金を払ってしまうという事件もあります。

ビジネスとして詐欺をするのは違法にあたりますが、違法でなくても道徳的に良くないと思われればすぐ批判されます。

転売は

 
  • 批判の対象になりやすくい
  • 嫌われている割合も高い
など、世間で転売がダメだと言われる理由となります。

そのまま嫌われるやり方で転売をしても、批判だけで終わってしまうのかもしれませんが、批判されるやり方はあまり長続きしません

消費者から喜ばれる転売をしていれば

 
  • 批判されない
  • 転売を止める必要はない
  • リピーターが増える
  • 継続的に売り上げが上がっていく
などの可能性もあります。

 
  • 環境を考える
  • 消費者を第一に考える
など社会的奉仕をしている企業も多いです。

そういう企業は売り上げが落ちすぎることも批判されることも少ないです。

そう考えると転売も同じように考えることができます。

安く仕入れて高く売ることは悪いことではない

転売というと商売というイメージでなく、安く買ってより高く売ることで利益をあげ得をしているように思われ、転売がダメな理由とされています。

しかし、特に高額転売でなければ転売も違法ではなく、批判もされません

なぜなら、元々安く仕入れて高く売ることはビジネスそのものだからです。

まだ日本では、お金とビジネスの話が出ると汚いと思う人も多いです。

さらに転売は

 
  • 高額転売
  • 礼儀がない人
などがどうしても目立ってしまうため、悪いようにイメージされてしまいます。

基本的には慈善事業でない限り、安く仕入れて高く売ることは悪いことではありません

その価格に見合ったものであればトラブルも起きません

トレンドではなく継続できる商品を探す

転売がダメな理由の1つとして、トレンドを追ってしまうと、どうしても競争が激しくなりライバルと争いになります。

一気に価格競争に巻き込まれることもあり、しかもトレンドは一時的なものですので安定して稼ぐのは難しくなります

トレンド商品だと

 
  • 品薄になる
  • 高額転売になる
などすることもあり、消費者にとってもあまり良いと言えなくなります。

もちろん、トレンドを追った方が稼げますが、トレンドでなくても継続して売れる商品の方が安心して安定して稼ぐことができます。

継続して売れる商品であれば、商品選定に困ることもトレンドと比べてありません

2020年3つの逮捕事例


実際に新型コロナ関連も含め、話題に関連した2020年の最新の逮捕事例をご紹介します。

ハンドソープ転売

出典:京都新聞


ハンドソープの転売はコロナウイルスの影響で、法律により小売業者しか売れないようになっていました。

その期間中にハンドソープを転売してしまったという事件です。

ハンドソープも
  • マスク
  • アルコール消毒
などと同じように一時期品切れ状態になったこともあり、この事件ではたった3個の転売ですが規制が厳しいのが分かります。

もちろん、アルコール消毒、マスクなどの転売が違法になる期間で転売したため、転売がダメだと言われる理由に当てはまります。

エコバック盗んで転売

出典:京都新聞


2020年の7月から規定以外のレジ袋が有料化されました。

そのため、ほとんどのお店ではレジ袋が有料になったため、代わりになるエコバックが人気を集めています。

そうなるとエコバックを転売すれば需要がある商品のため売れやすいです。

フリマアプリだけでなく盗品がネットで売られても、本当に盗まれたものか確かめることは難しいです。

この事件では他にもエコバックのほか盗品があり、(盗んだだけでも違法ですが)転売をしているので、これもまた転売がダメだと批判される理由になります。

マスク転売

出典:JIJI.com


この事件ではマスクを高値で転売したとして、国民生活安定緊急措置法違反で逮捕されました。

どこからが高値なのかは難しいのですが、その後不起訴処分とされその理由は明らかにされていませんが、これも転売がダメな理由になります。
MARU
MARU
マスクを知人に転売しただけですが、違法ですので当然逮捕されます。

転売がダメと言われる理由の1つ目は犯罪を犯すから!


転売に関連して犯罪を起こしている事件が多いです。
  • 盗品を転売
  • 売ってはいけないものを転売
など法律に触れることをしてしまっているのです。

転売は、今では誰もが簡単にできるようになりました。

その転売へのハードルが下がり、誰でも転売ができるので、あまり法律に目を向けずに転売をしている人も少なくありません

犯罪だと知っていても転売をすることで稼げるので、目立たずに犯罪を犯しながら転売することができても、バレるリスクがあります
MARU
MARU
犯罪を起こすと当然他人に批判されるので、転売はダメだという大きな理由の1つになります。

転売がダメと言われる理由の2つ目は品物がない状態になるまで買い占めるから


他人に迷惑をかけなければ転売をしても問題ありません

しかし、どうしても利益を得られると思うと、商品をつい買い占めてしまう人もいます。

商品を買い占めても、お店もお客も困らないのであれば良いのですが、大体は困ってしまいます。

一般の消費者が買えなくなりますので、買い占めはお店への迷惑行為になります。

消費者にとって
  • 欲しい商品が買い占めさる
  • 手に入らない状態になる
買い占めた転売の人を恨むようになります。

買い占めなければ転売がダメな理由にはなりません

まとめ

転売をする人は全てダメなわけではありません

しかし、転売をしてはダメな理由もあります。

犯罪に直結することもありますので、
  • 簡単に転売できるから
  • 利益を得られるから
などというだけで、安易になんでも転売しないことが重要です。

知らずに偽物を転売しても、「知らなかった」では通りません

ましてや、盗んだものを転売するなど以ての外です。
MARU
MARU
せっかく転売というビジネスをするのですから、法律を守り世間の批判を浴びない健全な転売ビジネスを行って行くようにしましょう。

オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月2名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】

中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。

オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。

面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。

●オンライン個別相談会 現在2名限定募集

【日時・締切日】
毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制)
毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)


※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接方法】オンライン電話
【参加料金】現在は無料(期間限定)
【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)


> 今すぐ詳細を確認する!

15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!



公式LINE@+プレゼントはコチラ!