メルカリは、販売先として使っている人が多いですが、仕入れ先として使っている人も多く存在します。

実際、メルカリは個人取引がメインなので、安く販売されている商品もあり、仕入れ先に最適です!

「メルカリで買ったものをメルカリで売るのは違反?」

「メルカリで刈り取りは禁止されている?」

今回は、メルカリを仕入れ先に考えている人のために、メルカリで買ったものをメルカリで売る行為が違反なのかどうかを解説します!

結論を言うと、メルカリで買ったものをメルカリで売るのは違反ではありませんが、状況次第では違反になります。

MARU
MARU
明らかな高額転売は違反になるので、注意したいところです!

【よくわかる解説】

  • メルカリで買ったものをメルカリで売るとトラブルになりやすい
  • 高値で売れない可能性がある
  • 公式は規制していない
mail-sp

メルカリで買ったものをメルカリで売るのは違反?

メルカリは、個人販売のアプリなので、相場よりも安く販売されていることがあります。

そこで考えるのが、「メルカリで買ったものをメルカリで売る」というもの。

例えば、平均相場10,000円の商品が、5,000円で販売されているとします。

この場合、仕入れて販売したところで、利益になります。

出品者からすると、「自分の商品が転売された」と思うわけです。

「じゃあ運営はどういう見解なの?」と思う人がいるので、それぞれ調べてきました!

【メルカリの運営の見解】

  • 公式ルールには明記されていない
  • 購入時よりも明らかに高い値段で売るのはNG

メルカリには、購入した商品をそのまま販売するようなサービスがあります

それを活用すれば、余計な情報を入力する必要がないので、おすすめですよ◎

 

公式ルールには明記されていない

メルカリについて調べていると、メルカリで買ったものをメルカリで売ることに関する規約は一切ありませんでした。

そのため、メルカリを仕入れ先にして、メルカリで販売しても違反になることは考えづらいです。

ただ、以下のトラブルに発展する可能性はあります。

【メルカリで買ったものをメルカリで売ると発生するトラブル】

  • 出品者からコメントが来る
  • 運営に通報される

特に多いのが、出品者からコメントが来るケースですね……。

メルカリでは、取引から2週間以内であれば、取引メッセージができるようになっています。

そこで、クレームに発展するケースも少なくありません。

出品者からすると、自分の商品が高額転売されているわけですから、クレームを言いたくなるのもわかりますね……笑

 

補足:実際にそういう事例はある?

「本当に購入された商品が出品されることはあるの?」と思う人も多いです。

残念ながら、メルカリは仕入れ先に使っている人が多く、刈り取りは日常的によく起きることです。

私のコンサル生も何度か経験したので、事例を紹介しますね!

販売したのは、こちらのジミーチュウの財布です。

価格は12,000円で、送料込みの商品です。

購入者らからすると、12,000円で仕入れた商品になります。

そして、購入されて受取評価をされてから1週間後に、購入者のページで販売されていたそうです。

そこには、「自身正規店購入ワンオーナー」と書かれていました……。

転売されると思っていなかったコンサル生は、運営に通報。

運営の対応としては、”1週間の利用停止処分”のペナルティを科せたくらいで、それ以外の対応はなかったそうです。

MARU
MARU
状況次第では、違反になるケースもあるんですね……。気を付けたほうがよさそうです!

 

購入時よりも明らかに高い値段で売るのはNG

メルカリの運営は、メルカリで買ったものをメルカリで売る行為を規制しているケースもあります。

それは、高額転売についてです。

明確に規約で定めているわけではありませんが、コンサル生はこの行為をしてアカウントが何度か規制されています。

事例を紹介すると、以前メルカリで20,000円で仕入れた古着があったそうです。

もともとは購入目的でしたが、着る機会がなく、70,000円で販売したところ即売れ。

最終的な利益額は、以下のとおりでした。

【メルカリ仕入れ→メルカリ販売の利益額】

  • 仕入れ値:20,000円
  • 販売価格:70,000円
  • 販売手数料:7,000円
  • 送料:600円※らくらくメルカリ便
  • 梱包費:無料
  • 純利益:42,400円

利益率もそこそこ高いですが、出品者の目に留まって運営に通報されたとのこと。

その結果、1週間のメルカリ利用禁止処分+購入禁止という重いペナルティを科せられたようです……。

販売規制されていないのが唯一の救いとはいえ、購入できないのは結構なデメリットです!

そのため、メルカリを仕入れ先に考えている人で、高額転売を検討しているなら、別の販売先を活用するといいかもしれません!

メルカリで買ったものをメルカリで売ると違反になるケースを徹底解説!

メルカリで買ったものをメルカリで売る行為は、状況次第で違反になります

メルカリを仕入れ先に考えている人は、アカウントを規制されないためにも、違反になるケースを把握しておきましょう。

コンサル生の経験や話に基づくと、以下のケースが違反になるようです。

【メルカリで買ったものをメルカリで売る行為が違反になる事例】

  • ユーザーからの申し出があった場合
  • 明らかな高額転売
  • 二重出品による在庫切れ

特に、ユーザーから申し出があった場合は、トラブルになります。

状況次第では、アカウント規制にも発展するので注意しましょう!

 

ユーザーから申し出があった場合

メルカリでは、原則メルカリで仕入れたものをメルカリで売る行為は禁止していません

以前は禁止されており、再出品をする際に、購入済みの商品を選択して手続きを進めていくと、購入時よりも高い値段では販売できませんでした。

しかし、試しに私のアカウントを使って、以前購入した商品の販売手続きを進めて、価格を2倍以上に引き上げて出品しました。

すると、普通に販売されたので、事実上”メルカリで買ったものをメルカリで売る”行為を規制しなくなったといえます。

ただ、ユーザーから申し出があった場合は、また別の話です。

コンサル生も規制された例で、メルカリで仕入れたものを、価格差を付けて販売したところペナルティを食らいました

販売したのはこちらの商品で、25,000円で購入したものを、メルカリで50,000円で売却したそうです。

購入から2週間経過して、販売したところ前の出品者が通報。

その結果、アカウントが規制されてしまったようです。

このように、出品者が何らかの通報をした場合は、規制される可能性が高いので注意しましょう。

 

明らかな高額転売

先ほどの話に関連しますが、メルカリでは値段が高すぎる転売を規制しています。

これは、メルカリで買ったものをメルカリで売る行為に限らず、相場以上の価格で商品を販売すると、規制される”可能性”があります

状況次第では、例外もあり得るので、まずはそちらを紹介しますね!

【メルカリで高額転売が規制されづらい例】

  • 商品に希少性がある
  • 大量に販売されている商品
  • 正規ルートで仕入れた商品

一般的に、プレ値になることが見込まれている商品に関しては、高額転売したところで規制されづらいです。

運営も、プレ値になるものだと思って黙認している部分があるかもしれません。

実際、メルカリには、定価20,000円程度で販売された商品が、12万円
~14万円で売れていますからね!

高額転売そのものを規制してしまうと、プレ値販売ができないプラットフォームになります。

逆に、高額転売が規制される事例は、以下のとおりです。

【高額転売が規制される事例】

  • メルカリで買ったものを大幅に値上げして販売した
  • 市場に出回っている商品を買い占めて販売した
  • 生活必需品の高額転売

メルカリで買ったものを高額転売するのはもちろんで、市場に出回っている商品を買い占めて転売した場合も規制の対象です。

感染症が流行しているときに、”緊急措置法”と呼ばれるものが制定されました。

法律が制定される前は、マスクやハンドソープが高額転売されていましたが、メルカリは発令以前から規制していました。

生活必需品や、買い占めの疑いがあるアカウントは、軒並み規制・停止していたのを覚えています……。

MARU
MARU
要するに、ユーザーに迷惑になるような行為は禁止しているということです

 

二重出品による在庫切れ

これは、商品を仕入れた後に起こりうる可能性があるケースです。

例えば、あなたがメルカリで商品を仕入れて、メルカリとラクマで併売したとします。

人気の商品で、同じタイミングで商品が同時に売れた場合は、片方で在庫切れが発生します。

手数料の兼ね合いから、ラクマで販売したほうがお得だと判断して、メルカリの取引をキャンセルすると、アカウント規制の原因になります。

一応、メルカリでは、このようなキャンセル理由が用意されています。

それぞれ解説すると、以下のようになります。

【メルカリのキャンセル理由】

  • 購入者が誤って購入した:購入者都合
  • 商品がない:出品者都合
  • 出品情報や出品に不具合が見つかった:出品者都合
  • 購入者からの連絡がない:購入者都合
  • 上記以外の理由:理由次第

この場合、購入者都合でキャンセルが成立した場合、以下のようなメールが届きます。

「該当の取引は購入者都合による取引キャンセルと判断したため、今後同様の行為は行わないよう、購入者へ事務局より通知いたしました。」

購入者都合の場合、出品者は咎められません。

しかし、”商品がない”という理由でキャンセルすると、100%出品者が悪いので、「出品者都合でのキャンセル」になります。

無在庫転売と判断されても仕方がない行為なので、アカウント規制へと発展します。

コンサル生も、併売してアカウントが規制されて、最終的には停止・削除へと発展しました。

そもそも併売が禁止されている行為なので、安易に販売しないようにしましょう。

メルカリで買ったものをメルカリで売るメリットはある?

メルカリで買ったものをメルカリで売る場合、複数のメリットがあります!

常識の範囲で販売するには、アカウントは規制されないので、自分のペースで出品するとよいでしょう。

具体的なメリットは、以下のとおりです。

【メルカリで買ったものをメルカリで売るメリット】

  • 利益が出る可能性がある
  • 出品しやすい
  • 購入されやすい

人気のある商品なら、再出品すれば即売れする可能性があります!

平均相場を調べて、明らかに価格差があるなら、転売するとよいでしょう。

 

利益が出る可能性がある

メルカリで買ったものをメルカリで売ると、利益が出る可能性があります。

”利益が出ます!”と断言しないのは、売れない可能性もあるからです。

詳しい内容は後述しますが、利益計算して仕入れないと、利益になりませんよ

メルカリでは、商品を販売する際に、以下の諸費用が発生します。

【メルカリで発生する諸費用】

  • 販売手数料:商品代金の10%
  • 送料:175円~1,200円
  • 梱包費:任意

とある商品を10,000円で販売する場合、以下の利益シミュレーションになります。(送料は600円で固定)

「販売価格10,000円-手数料1,000円-送料600円=8,400円」

この場合、8,400円以下で商品を仕入れてしまうと、赤字になってしまいます。

仮に、メルカリで買ったものをメルカリで売る場合は、ここまで利益計算をしたうえで、仕入れることをおすすめします!

MARU
MARU
緻密に利益計算をしておけば、不良在庫を抱えることはなく、損切することもありません!

 

出品しやすい

メルカリには、購入した商品を再出品しやすくするように、”売れやすい持ち物”という項目があります。

私はあまりメルカリで購入しないので、コンサル生に画像を提供してもらいました!

こちらは、過去にメルカリで購入した商品が一覧で並んでいます。

メルカリで購入したとしても、何らかの原因で再出品を検討する人も多いです。

こちらの機能は、そのような人のためにリリースされたものです。

”出品する”ボタンを押すと、メルカリの出品画面に移動します。

ここでは、購入した商品のデータが一部引き継がれます

主に引き継がれるデータは、以下のとおりです。

【再出品で引き継がれるデータ】

  • 商品名
  • ブランド名
  • 販売価格※メルカリ推奨の価格

その他の情報は、自分で入力しなければなりません!

仮に、メルカリで買ったものをメルカリで売ることがあれば、こちらの機能を利用するとよいでしょう。

 

補足:画像の引用は禁止されている

メルカリの再出品機能を活用すれば、出品の手間が省けます。

しかし、基本的なデータしか引き継げないので、何かと不都合です。

特に、出品の際に最も手間がかかる写真が引用できないのは、この出品方法の穴だと思います!

ただ、これにはメルカリの利用規約が関係しています。

他会員の画像、文章などを無断で使用すること(禁止されている行為)
概要
メルカリではトラブルの原因となるため他会員の画像、文章などを無断で使用することを禁止としています。

事務局が禁止行為に該当すると合理的な理由に基づき判断した場合は、取引キャンセル・商品削除・利用制限などの措置を取る場合があります。

引用:メルカリガイド(禁止されている行為)

メルカリでは、ほかの会員の写真や説明文を引用する行為が禁止されています。

許可なく無断で引用した場合は、”取引キャンセル・商品削除・利用制限”などの措置が取られるようです……。

MARU
MARU
楽だからといって、無断で引用するのはやめましょう

 

購入されやすい

メルカリで買ったものをメルカリで売ると、商品が購入されやすくなります。

仕入れる価格にもよりますが、平均相場の半額以下で仕入れられた場合、ある程度の値下げが可能です。

平均相場10,000円の商品をメルカリで5,000円で仕入れたとします。

純粋に、10,000円で販売した場合は、以下のような計算になります。

【10,000円で販売した場合の利益計算】

  • 販売価格:10,000円
  • 販売手数料:1,000円
  • 仕入れ値:5,000円
  • 送料:600円※らくらくメルカリ便
  • 梱包費:無料
  • 純利:3,400円

これでも十分の利益が発生していますが、回転率を取るなら、9,000円で販売するのもありです。

それでも、2,500円の利益が発生します。

この判断は、あなたの販売スタイルにお任せしますが、購入されやすくするなら、値段をあえて下げるのもありだと思います◎

逆にメルカリで買ったものをメルカリで売るデメリットは?

メルカリで買ったものをメルカリで売る場合、デメリットもあるので注意しましょう。

具体的なデメリットは、以下のとおりです。

【メルカリで買ったものをメルカリで売るデメリット】

  • 状況次第では違反になるケースがある
  • 出品者とトラブルになる可能性がある
  • 購入時よりも安くなる

特に、出品者とトラブルになると面倒なことになります……。

通報されたら、アカウントが停止しますし、メルカリで買ったものをメルカリで売る行為は、結構なダメージになりそうです。

 

状況次第では違反になるケースがある

メルカリで買ったものをメルカリで売る行為自体は、公式で規制されているものではありません。

むしろ推奨されている行為で、”売れる可能性がある購入品”として、出品画面に出てきます。

しかし、販売手法によっては、違反になる可能性もあるので注意しましょう。

具体的には、以下のとおりです。

【メルカリで買ったものをメルカリで売る行為が違反になるケース】

  • 購入した商品を高額転売した
  • 画像や説明文を無断で引用した
  • 出品者に迷惑をかける行為をした

メルカリでは、基本的にユーザーに迷惑をかけるような行為は禁止しています。

高額転売もその一つなので、常識の範囲内での転売が必要になってきます。

また、画像や説明文を引用する行為は、メルカリの利用規約に定められているとおりです。

違反になってからでは遅いので、事前に対策しておくことが重要です。

 

出品者とトラブルになる可能性がある

メルカリで買ったものをメルカリで売ると、出品者とのトラブルに発展しやすくなります。

むしろ、アカウントが規制されたコンサル生の話を聞くと、100%トラブルになっています……。

今まで、話を聞いてきたなかでは、以下のようなトラブルになっていました。

【出品者とのトラブル事例】

  • 購入した商品の返却を求められた
  • 取引後のキャンセルを申し出られた
  • コメント欄を荒らされた

特に多かったのは、購入した商品の返却です。

これは、物販ビジネスをしている立場なのでわかりますが、自分が出品している商品を刈り取られて、販売されたときはムカつきますね……笑

適正な値段をつけなかったセラーが一番悪いとわかっていても、その価格で販売していれば、もっと利益が取れたと思うと……。

不用品販売だとしても、トラブルに発展する可能性は十分に考えられます

MARU
MARU
できる対策としては、メルカリ以外の販売先を利用することですね!

 

購入時よりも安くなる

これは、損益分岐点を計算していないときに発生するデメリットです。

損益分岐点とは、利益と損失がゼロになる地点を指します。

計算方法は、販売価格から諸費用を引くだけで計算可能です。

10,000円で商品を販売した場合、以下のような計算になります。

【損益分岐点の計算】

  • 販売価格:10,000円
  • 販売手数料:1,000円
  • 送料:600円※らくらくメルカリ便の場合
  • 梱包費:無料
  • 損益分岐点:8,400円

梱包費については、家にある段ボールや梱包資材を使えば、実質無料です。

そのため、ここでかかる費用は”販売手数料・送料”ですね!

この商品の場合、8,400円が損益分岐点なので、平均相場10,000円の商品ならこの価格以下で仕入れれば利益になります。

ただ、相場は常に変動します。

仕入れた商品が、トレンド商品なら、商品を刈り取ってから到着しているまでの間に、大幅に下落している可能性もゼロではありません。

仮に、メルカリで買ったものをメルカリで売ろうと思っているなら、相場が安定している商品を仕入れたほうが無難です。

まとめ

メルカリは、CtoC取引がメインなので、相場よりも安く商品が販売されていることがあります。

そのため、メルカリを仕入れ先にするのも十分可能です!

実際、メルカリで買ったものをメルカリで売っている人も多いです。

ただ、販売手法によっては、運営から規制される可能性があるので注意しましょう。

個人的には、よい方法だと思いますが、規制のリスクが怖いなら、以下の対策をしてもいいかもしれません◎

【メルカリ仕入れをする際の対策】

  • 仕入れて期間を開けてから販売する
  • 高額転売はしない
  • ラクマ、ヤフオクで販売する

スピード感を意識しないなら、仕入れから1週間~2週間程度経過したころに販売するとよいでしょう。

即販売したいなら、ラクマ・ヤフオクあたりがおすすめです◎

MARU
MARU
今回はメルカリで買ったものをメルカリで売ることについてお話ししました。この他にもせどりや転売に関する有益な情報をメルマガでお届けしています。15個の特典付きメルマガはこちらから登録できます!

 

【相談料5000円→無料】850名の指導実績!



オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月5名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】
中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。
オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。
●オンライン個別相談会 現在2名限定募集
【日時・締切日】 毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制) 毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)
※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません
【面接方法】Zoom 【参加料金】そろそろ値上げ間近!5000円→無料(期間限定) 【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)

> 今すぐ詳細を確認する!


15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

mail
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!


MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

maru-consul
今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!

著者情報/運営者情報