amazonは、物販ビジネスのよい販売先になりますし、利用している人も少なくありません。

”amazon転売”として稼いでいる人が多いのは事実ですが、真贋調査について把握しておかないと、取り返しのつかないことになります……。

「amazonでよく聞く真贋調査って何?」

「新規出品で真贋調査が来たらどう対処すればいい?」

このような悩み・疑問を抱えている人のために、今回は真贋調査がどういうものなのかを解説しますね♪

気持ちよくあなたがamazon転売で利益を出すためにも、調査が入ったときの対処法や、事前対策を紹介するので、気になる人は要チェックです!

MARU
MARU
特に、amazonアカウント開設1年未満の人はランダムチェックに要注意です。気まぐれのチェックなので、そこから一生amazonに販売できなくなるケースもありますよ……。

【よくわかる解説】

  • 新規商品を出品すると来やすい
  • 中古商品でも真贋調査が来た履歴あり
  • 領収書・レシートは必ず受け取っておく
mail-sp

真贋調査はどういう状況?誰が対象になる?

真贋調査ですが、amazon転売をしている人なら、だれでも該当する可能性があることです。

概要を簡単に説明すると、出品している商品が真贋品かどうかチェックするための調査を指します。

現段階でわかっているのは、以下のセラーが対象です。

【真贋調査の対象となるセラー】

  • アカウント開設1年未満の新規出品者
  • 新品商品を出品しているセラー
  • 中古商品を出品しているセラー

一応、アカウント開設から1年以上経過している場合は、対象にならないケースが多いです。

真贋品とは、商標権を無視したような偽物商品のことを指します。

「Amazonにそういう商品があるの?」と思う人が多いですが、普通にあります!笑

例えば、こちらの鬼滅の刃の人気キャラクターがプリントされたパーカー。

公式が販売しているような商品に見えますが、許可を得ずに作られた海賊版です。

Aliexpressで同様の商品が販売されており、中国製の偽物だとわかります。

Amazonでは、このようなアカウントを規制するために、真贋調査をおこなっているわけです。

特に、アカウント開設をして1年未満の人が、新規出品をすると対象になることが多いです。

MARU
MARU
真贋品ではない商品でも、ランダムで真贋調査が入ります。解除には、領収書や販売証明書などが必要になるので注意しましょう!

amazonで販売して真贋調査が来る理由3選!

amazonで商品を販売すると、真贋調査が来るケースがあります。

一般的には、新品コンディションのものを出品したものに限るといわれていますが、2020年には中古品を販売していた人でも真贋調査が入りました

引用:Twitter

漫画本を販売していた人が対象でしたが、条件をクリアできずに、amazon物販を引退した人も少なくありません。

ここまでくれば、真贋調査をクリアするのが一つの通過儀礼になりそうですが、以下の理由からamazonは調査しています。

【amazonで真贋調査が来る理由】

  • 新規出品者規制のランダムチェックが入ったから
  • 顧客からセラー宛てにクレームが入ったから
  • メーカーから警告が入り無視したから

最も多いのは、アカウント開設から1年未満のユーザーに対するランダムチェックです。

それ以外は、クレームなどから真贋調査が入るようです。

 

新規出品者規制のランダムチェックが入ったから

Amazonでは、定期的に真贋調査を実施していますが、ランダムチェックが頻繁におこなわれています。

これも、Amazon市場に偽物商品を出回らせないための対策で、まっとうな調査だと私は思います。

対象となるセラーは、基本的にアカウントを開設して1年未満のセラーと言われています。(1回でも出品したことがある人に限る)

 

実際に、Amazonでランダムチェックが来た人が、投稿していました。

結局必要書類を用意できずに、アカウントが閉鎖されたそうです……。

ランダムチェックが来た場合は、以下の書類が必要になります。

【真贋調査を解除するための必要書類】

  • 商品購入時の請求書:アカヘル調査にて必要
  • 領収書・レシート:アカヘル調査にて必要
  • 注文書・発注書:アカヘル調査にて必要
  • 販売証明書:アカスペ調査にて必要

真贋調査では、「この商品は正規品です!」「出所がはっきりしています!」を証明すればいいので、請求書や領収書を提出したら基本的に解除できます

しかし、指定期日(調査から14日以内)に対応しないと、アカウントが凍結するので注意しましょう。

また、中国のOEM・ODMをしている人や、中国輸入をしている人は、発注書や注文書が必要になるので合わせて用意するとよいです!

MARU
MARU
スムーズに解除するためにも、事前に用意しておきましょう!

 

顧客からセラー宛てにクレームが入ったから

真贋調査は、ランダムチェックが一般的ですが、購入者からクレームが入ると、その流れで調査が始まる可能性があります

Amazonでは、商品に対するレビューとセラーそのものにレビューができます。

この場合、後者のレビューが対象になり、悪い評価+通報で真贋調査に入るようです。

私が今まで生徒に話を聞いてきたなかでは、以下のクレームがあったようです。

【コンサル生から聞いたクレーム一覧】

  • 商品の梱包が雑だった→FBAの不手際なのでセーフ
  • 箱がボコボコだった→梱包同様
  • 商品が欠陥品だった→セラーの不手際なのでアウト
  • 商品にキズ・汚れがあった→欠陥品同様

つまり、セラーの不手際でクレームに発展した場合は、真贋調査に入る可能性があるわけです。

Amazonの運営は、”お客様第一精神”なので、1回でもクレームが入ると真贋調査が始まります

人によっては、いきなりアカスペの調査が入って、アカウントが停止した人もいるようです……。

この場合、クレームに発展しないために、丁寧な検品をおこなえば対策できるので問題ありません!

 

メーカーから警告が入り無視したから

Amazonでは、出品が規制されている商品がいくつかあります。

食品やサプリメントにありがちですが、メーカーがAmazonを利用して販売している場合は、要注意です。

キューピーから販売されているこちらのマヨネーズですが、メーカーが直接おろしている商品です。

amazonパントリーの商品なので、一般のセラーが販売できる商品ではありません。

キューピーからすると、自社の商品が購入されない可能性があるので、十分な売り上げにつながらない可能性があります。

引用:Twitter

そこでおこなうのが、販売者に対する警告です。

メーカー勤務の人が、警告を送る優先順位についてしていましたが、値下げしている商品から順に警告するようです。

この注意に無視した場合は、メーカーからamazonに通報されて、真贋調査に入ります

この場合、改善の余地なしと判断され、即アカスペ調査が入ります。(事実上アカウント停止)

MARU
MARU
そのため、警告が来た場合は速やかに出品を取り消しましょう。謝罪文とともに削除した旨を伝えれば、それ以上のトラブルに発展することはありませんよ!

真贋調査が対応される部署をそれぞれ紹介!

真贋調査ですが、アカウントの状況によって部署が変わります

大きく分けて二つの部署がありますが、以下のとおりです。

【真贋調査が対応される部署】

  • アカウントヘルス(通称:アカヘル)
  • アカウントスペシャリスト(通称:アカスペ)

段階的には、”アカヘル→アカスペ”が一般的ですが、悪質な行為が見られた場合は、即アカスペに移行します。

ランダムチェックの場合は、アカヘルから調査が開始しますが、14日間の猶予が設けられています。

その間に対応すれば、無事amazonで販売できるようになります!

MARU
MARU
ちなみに、アカスペに対応が委託されたら、事実上アカウントが閉鎖します……。解除する条件が厳しすぎるので、販売はできないものだと思いましょう!

 

アカウントヘルス(通称:アカヘル)

アカウントヘルスは、最初に真贋調査がおこなわれる部署です。

Amazonには一般的に問い合わせを対応しているサポートがありますが、アカヘルはその一つです。

アカヘルの目的は、主に以下のとおりです。

【アカヘルの目的】

  • 真贋品が出回っていないかどうかのチェック
  • お客様のクレーム処理
  • セラーとお客様のトラブル対応

ランダムチェックで真贋調査が入った場合は、アカヘルに問い合わせると対象商品と改善点を教えてくれます

必要書類や、解除の流れを丁寧に教えてくれるので、まだ”人間”です!笑

後述するアカスペは、血も涙もないような冷酷極まりない部署ですからね……。

アカヘルの対応は14日間続き、その間に真贋調査をクリアできれば、無事Amazonで販売を再開できます。

クリアの条件は、一般的に以下といわれています。

【アカヘルの段階での真贋調査クリア条件】

  • 該当商品の請求書を提出する
  • 領収書・レシートを提出する
  • 業務改善書を提出する

この場合、「商品は正規ルートのものです」ということを証明すれば問題ありません。

そして、今後真贋調査が入らないように、業務改善書を作成して提出すれば、クリアできます!

 

アカウントスペシャリスト(通称:アカスペ)

真贋調査ですが、アカヘルにて対応ができない場合は、アカウントスペシャリストという部署に委託されます。

期間内に真贋調査の対応をしない場合や、悪質な取引だと思われたら、基本的にアカスペに移行します。

アカヘルの場合は、真贋調査がかかった理由やどうすれば解除できるのかを教えてくれます。

しかし、アカスペは一切教えてくれない、冷酷な部署です……。

コンサル生で、アカスペに委託された子がいましたが、以下のような対応だったそう。

【アカスペの対応】

  • 真贋調査のどういう問い合わせてもテンプレで返ってくる
  • 電話が通じない(そもそも存在しないかも?)
  • Amazonからの折り返し電話はなし

一応、対応部署としてあるそうですが、人がいるかどうかは不明です。

AIが管理しているとのうわさもあり、アカヘルとは真逆の部署といえるでしょう。

ちなみに、アカスペに対応が委託された場合は、以下の書類が必要です。

【アカスペで真贋調査を解除するために必要な書類】

  • 商品の請求書
  • メーカーによる公式の販売証明書

商品の請求書に関しては、店舗に言えば出してくれます。

しかし、販売証明書は取得する難易度が高く、一人の物販をしている個人がもらえるものではないです。

販売証明書とは、「自社の販売を委託で許可します」というもので、メーカーから直接もらう必要があります。

MARU
MARU
一般の販売者がもらえることはまず考えられないです。そのため、アカスペに移行されたら、事実上アカウントが停止するものだと思いましょう!

amazonで真贋調査が来た場合にできる3つの対処法!

amazonを販売先にチョイスする場合は、それぞれ対処法があります。

物販を開始して1年未満の人は、だれでも真贋調査の対象になることがあるので、以下で紹介する方法で対処しましょう♪

【amazonで真贋調査が来た場合にできる対処法】

  • 解除に必要な書類をすべてそろえる
  • 業務改善書を作成して解除の準備をする
  • それぞれ提出して判断を任せる

このなかで最も重要なのは、必要書類をそろえることです。

書類がないと、真贋調査を解除できませんし、アカスペに移行されてしまい、アカウントが閉鎖されてしまいますよ……。

MARU
MARU
閉鎖する前に適切な対応をすれば、問題なく解除できます!

 

解除に必要な書類をすべてそろえる

Amazonに出品していて、真贋調査が来た場合は、冷静に対処しましょう。

普通に真贋調査が来た場合は、アカウントヘルスから調査が始まるので、書類を準備しましょう。

過去の真贋調査が入った人の履歴を見ると、解除には以下の書類が必要です。

【解除の必要な書類】

  • 領収書・レシート
  • 商品の請求書※必須
  • 業務改善書
  • 発注書・注文書

アカスペに委託された場合は、これらの書類に販売証明書がプラスで必要になります。

アカヘルの解除で主に必要になるのは、”領収書・請求書・業務改善書類”の三つです。

中国からOEM・ODMなどをしている場合は、発注で使った発注書や注文書を合わせて提出すると、スムーズですよ♪

引用:Twitter

請求書の発行が難しい場合は、領収書・レシートを提出しましょう。

人によっては、領収書と業務改善書のみで対応したケースもあるようです。

MARU
MARU
実際、販売店で請求書を発行してもらう難易度は高いですし、昔に比べると解除の難易度が高くなったイメージです……。

 

業務改善書を作成して解除の準備をする

提出に必要な書類がそろった場合は、解除の準備をしましょう。

そこで必要になるのが、業務改善書です。

こちらの書類は、簡単に説明すると、会社の始末書のようなものです。

真贋調査が入ったことを踏まえて、調査が入った原因や対処法についてを記載した書類を作成して、運営に提出します。

アップの形式は、基本的にPDFです。(ワードで保存してPDF化するのが一般的)

作成においてテンプレートがあるので、共有しますね♪

【業務改善書のテンプレート】

【真贋調査が入った規約違反の詳細】

【真贋調査が入ったと考えられる原因】

【詳細と原因を踏まえたうえでの対策】

【改善策・対策を実施したうえでの効果】

【改善策を実施する具体的な日時】
→20○○年○月○日~20○○年○月○日

【改善策による効果が表れ始めるタイミング】
→20○○年○月○日

【改善策を実施する責任者名】

これに合わせて、真贋調査が入ったことに対する謝罪などを含めて作成していきましょう

内容に不備があれば再提出を求められますが、具体的に記載しましょう。

解除した人のシナリオを教えてもらいましたが、以下の流れでおこなうとベストですよ♪

【真贋調査解除のシナリオ】

  1. 真贋調査が入ったことに関する謝罪
  2. 今回の原因※具体的に
  3. 具体的な改善策・対策
  4. 実施して得られる効果

これらを具体的に記載して、今後真贋品を販売しないことをアピールしましょう。

 

それぞれ提出して判断を任せる

真贋調査は、基本的に必要書類を提出したら解除可能です。

ただ、近年はAmazon出品をする人が増えて、新規参入が厳しくなりつつあり、少し出品しただけで真贋調査が入ります。

必要書類を提出した後は、以下の対応になります。

【書類を提出した後におこなわれる対応】

  • アカウントのロック解除→出品が可能になる
  • 業務改善書の再提出
  • 必要書類の再提出

無事アカウントのロックが解除できれば、再度出品できるようになりますが、それ以外の対応はまだ解除されていません。

業務改善書類に関しては、1発OKはほとんどなく、再提出を数回求められることがほとんどです。

14日と短い期間で対応してもらうためにも、再提出を求められたら逐一対応しましょう。

また、書類に不備があると、新しく書類を求められるので、何事も早めに対応することです。

真贋調査が来ないためにできる対策を5つ紹介!

Amazonで真贋調査が来ると、商品の販売ができなくなります。

Amazon転売をしていて、一度調査が入ると、その間はビジネスができなくなります

しかし、真贋調査が来る前にできる対策がいくつか存在するので、それぞれ紹介しますね!

具体的な対策は、以下のとおりです。

【真贋調査が来る前にできる対策】

  • 領収書を受け取る癖をつける
  • フリマアプリからの仕入れは避ける(特にメルカリ)
  • クレーム防止のため検品を徹底する
  • 真贋調査が来やすい商品は取り扱わない
  • 中古商品を仕入れる※要注意

この対策をすれば、急に真贋調査が来たときでも対処できます。

以前は、開設から1年未満のアカウントの人は、中古品を仕入れればいいという指導があったようですが、今では中古品でも真贋調査が入ります。

そのため、真贋調査が入りづらい商品を仕入れて転売することが重要です。

 

領収書を受け取る癖をつける

真贋調査が入る理由はさまざまですが、解除にはそれぞれ書類が必要です。

基本的には、請求書と業務改善書があれば解除できますが、店舗によっては請求書がもらえない可能性があります。

この場合、請求書を提出できないので、代わりになるものが必要です。

有力なのは、領収書です。

引用:Twitter

正式に商品を購入したことを証明する書類なので、請求書の代わりになる可能性があります。

実際、Twitterでは領収書を提出して解除した人もいますからね!

そのため、普段仕入れをする際は、レシートではなく領収書をもらいましょう

レシートの場合は、請求書の代わりにはなりません。

ネットで仕入れる場合は、領収書が同梱できるようにサイト側で調整しましょう。

 

フリマアプリからの仕入れは避ける(特にメルカリ)

amazonで転売する際ですが、フリマアプリからの仕入れはやめたほうがよいです。

一応、規約上で禁止されており、新品コンディションでの販売はできません。

こちらがその記載ですが、個人から仕入れた商品は出品できないようになっています。

これが中古品なら問題ないと思う人もいますが、真贋調査が入ったときが面倒です。

引用:Twitter

詳しい内容は後述しますが、中古品でも真贋調査が入ったとの報告がTwitterには上がっていました。

この場合、中古の本のみが対象だったようですが、メルカリが仕入れ先の場合は対処できません

メルカリでは、領収書は発行されませんし、セラーに請求書を発行してもらうことはできないからです。

例えば、あなたがメルカリから仕入れて商品をamazonに流しているとして、真贋調査が入った場合は、事実上アカウントが停止します。

MARU
MARU
この対策をするなら、最初からメルカリでは仕入れないことです。店舗やネットから仕入れて、仕入れ先を証明できる場所ではないと、危険です!

 

クレーム防止のため検品を徹底する

真贋調査は、ランダムチェック以外にも、クレームなどから調査が入るケースがあります。

「この商品は偽物でした」というクレームではなくても、怪しいアカウントだと判断したら、調査が入る流れです。

そのため、クレームに発展しないために、検品を徹底しなければなりません

商品にもよりますが、以下の検品は最低限おこないましょう。

【商品の検品ですること】

  • 外観のチェック(例:傷があるかどうか、汚れがあるかどうか)
  • 動作チェック※家電の場合
  • 外箱のチェック
  • 付属品があるかどうか・そろっているかどうか

これらの検品をすれば、基本的に問題ありません。

身に覚えのないクレームが入った場合は、運営に申し出ることも可能です。

不正なレビューも増加していますし、お客様から不当なレビューが来た場合は、一度問い合わせるとよいでしょう。

 

真贋調査が来やすい商品は取り扱わない

Amazonで真贋調査が来れば、その間は商品が出品できません。

さらに、解除できないと二度とAmazonで出品できないので注意したいところ。

できることなら真贋調査を避けたいところですが、調査が来るような商品は最初から仕入れないようにしましょう

一般的に新品が対象になりますが、以下の商品はおすすめしません。

【真贋調査が来やすい商品リスト】

  • メーカー品:公式がamazonに販売しているもの
  • 家電:保証書期限が切れているものは特に注意
  • ゲーム:トレンド、人気商品
  • ラグジュアリーブランド:Amazonでの販売が禁止されている

いずれも、真贋調査が来やすい商品リストです。

家電の場合は保証書がないと、クレームに発展する可能性があり、そこから真贋調査が来ることもあるようです。

また、任天堂SwitchやPS5などのゲームを販売している場合は、価格が高騰しやすいジャンルです。

トレンド商品は、真贋調査の対象になる可能性があるので、仕入れはおすすめしません。

 

中古商品を仕入れる※要注意

真贋調査を回避したいなら、中古商品を中心に仕入れるとよいでしょう。

一応、Amazonの真贋調査は、アカウント開設から1年未満の人で、”新品コンディション”の商品をメインで販売している人が対象です。

そのため、以前までは”開設から1年未満の人は中古品を販売しましょう!”と指導ができましたが、今はできません。

引用:Twitter

というのも、中古品でも一部の商品には真贋調査が来るからです。

こちらもランダムチェックですが、2020年の8月に起きた事件を紹介すると、中古の漫画本・書籍を販売している人が対象となったようです。

調査の対象になった理由は不明ですが、おそらく海賊版を取り締まるためだと思います。

最近では、紙ベースでの海賊版も販売されており、中古品だとしても真贋品には変わりありませんからね……。

仕入れ先にもよりますが、領収書やレシートを受け取っておかないと、解除できないので普段から受け取る癖をつけましょう

まとめ

Amazonは、商品を出品していると真贋調査が来ます。

基本的には、必要書類を提出すれば解除できますが、状況次第では書類が準備できないことがあります。

その場合、Amazonのアカウントが閉鎖してしまうので注意しましょう。

ちなみに、解除できずにアカウントが閉鎖してしまった人もいます。

アカウント開設1年未満の人は、特にランダムチェックに注意して、商品を販売しなければなりません。

万が一調査が入った場合は、一人だけで解決しようとせずに、アカヘルに問い合わせるなどして、しかるべき対処をしましょう。

MARU
MARU
amazonの真贋調査の原因と対策についてお話ししました。この他にもせどりや転売に関する有益な情報をメルマガでお届けしています。15個の特典付きメルマガはこちらから登録できます!

 

850名の指導実績!

4月度在宅応援企画!


オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月2名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】
中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。
オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。
●オンライン個別相談会 現在2名限定募集
【日時・締切日】 毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制) 毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)
※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません
【面接方法】Zoom 【参加料金】現在は無料(期間限定) 【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)

> 今すぐ詳細を確認する!


15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

mail
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!


MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

maru-consul
今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!