amazonなどのECサイトを使っていると、他のサイトと比較する人も多いと思います。

その際に、amazonの存在意義について考える人がいますが、使わないならアカウントを削除してもよいでしょう。

「amazonでアカウントを削除したらどうなる?」

「amazonアカウントを削除する方法を知りたい!」

このような悩みを抱えている人のために、amazonでのアカウントを削除する方法を紹介します♪

結論を少しだけ言うと、amazonでアカウントを削除すると、同じアカウントでは二度とサービスを受けられないので注意しましょう。

MARU
MARU
購入用・販売用問わず、削除したら復旧できません。そのため、使わずにそのまま放置していても問題ありませんよ!

【よくわかる解説】

  • 購入用アカウントはサブスクサービスに気を付ける
  • 削除手順はいずれも簡単
  • 販売用アカウントは配送手続き中の商品に気を付ける
mail-sp

削除する前に!Amazonアカウントで確認しておきたいことを紹介!

amazonでアカウントを削除したいと思った場合、アカウントの種類によってそれぞれ準備があります。

正しい準備をしないと、サブスクが継続されたり、購入者とのトラブルになったりするので注意しましょう。

確認すべきアカウントは、以下のとおりです。

【確認するべきアカウントの種類】

  • 購入用アカウント
  • 販売用アカウント

amazonで商品を販売していない人は、基本的に購入用アカウントのみです。

いずれも、事前に準備したうえで、削除しましょう。

 

購入用アカウントの確認項目

購入用アカウントは、Amazonで商品を購入したことがある人なら、だれでも持っているものです。

最近では、楽天やYahoo!が急速に商品数を増やしていることから、Amazonをサブで利用している人も少なくありません。

仮に、Amazonを使わなくなった場合は、サブスクの解除や注文状況を確認したうえで、アカウントを削除しましょう

具体的な準備は、以下のとおりです。

【購入者用アカウントの確認項目】

  • 注文して発送中の商品がないかどうかの確認
  • 定期便で注文していないかどうかの確認
  • 返品中の商品の取引終了

基本的には、この三つを確認すれば問題ありません。

注文している商品があれば、自宅に届くまで待てばいいだけですが、定期便の場合は解約が必要です。

Amazonには、このように定期便が販売されています。

Amazonのヘビーユーザーなら、定期便を利用していると思うので、こちらを解約してから削除の手続きに移りましょう。

ちなみに、一度削除したアカウントは二度と復旧ができないため、新しく購入する場合は、再度アカウントを登録する必要があるので注意しましょう。

 

販売用アカウントの確認項目

販売用アカウントは、Amazonで商品を販売している人が対象です。

購入しかしていない人は、次のステップに飛んでもかまいません!

販売用アカウントを削除すると、これまでの売買の情報や、売り上げの履歴などが削除されるため要注意です。

具体的に、確認したい項目は以下のとおりです。

【販売用アカウントの確認項目】

  • 未出荷・未納品分をすべて配送する※在庫がある場合
  • 出品中の商品を取り下げて返品してもらう
  • 返品・返金対応をする※クレームがある場合は
  • FBA納品の商品を送り返してもらう
  • 大口出品から小口出品に切り替える

基本的に、販売する商品がなければ、する手続きはありません。

しかし、在庫がある場合は、Amazonに納品して売れるまで待つか、出品している商品を返品してもらうかの、いずれかの対応をしなければなりません。

また、大口出品を選択していた人は、解約後の課金継続を避けるために、小口出品に切り替えてから出品しましょう

月額で、5,000円程度かかるサービスなので、アカウントを削除する前に解約が必須です!

Amazon購入用アカウントの削除手順!

アカウントを削除する前に必要な準備ができたら、いよいよ削除の手順に移ります。

まずは、購入者用アカウントの削除からですが、具体的には以下の手順で進めていきます。

【Amazon購入者用アカウントの削除手順】

  1. ヘルプページを開く
  2. 登録情報の管理を選択
  3. チャットにて連絡して解約する

この手順で簡単に解約できますが、3の手順は任意です。

チャットのほかに、電話・メールがありますが、個人的に最も簡単に手続きできるのがチャットなので、そちらの手順で紹介します!

 

1.ヘルプページを開く

まず、Amazonで購入者用アカウントを削除するためには、ヘルプページにアクセスする必要があります。

ページ最下部に、”ヘルプ&ガイド”という項目があるので、そこからヘルプをクリックしましょう。

このヘルプページでは、Amazonのさまざまなお問い合わせができます

アクセス後は、”登録情報の管理”という項目があるので、そちらをクリックしましょう。

 

 

こちらをクリックすると、解約手続きの画面に飛べるリンクが出てきます。

MARU
MARU
手順はそこまで複雑ではないので、それぞれ進めてくださいね♪

 

2.登録情報の管理を選択

登録情報の管理を開いたら、次は”アカウントを閉じる”を選択します。

こちらを選択すると、アカウント削除の手順について説明されるページに飛ぶので、それぞれ熟読しましょう。

内容としては、一度削除すると以下のサービス・ツールにログインできなくなるとまとめられています。

【購入者用アカウントを削除するとアクセスできなくなるページ】

  • 購入用アカウントの設定ページ(カード情報、注文履歴など)
  • マケプレのアカウント
  • サブスクサービスのアカウント(Amazonプライム)
  • ほしいものリスト・プロフィール
  • AmazonPayアカウント
  • Kindleアカウント

仮に、Kindleを普段から購入している人は、その購入情報まですべて消えてしまうので注意しましょう。

内容を確認して、それでも問題なければ、ページ最下部の”カスタマーサービスに連絡”をクリックします。

Amazonには解約ページは存在せず、運営が解約手続きを進める流れです。

 

3.チャットにて連絡して解約する

カスタマーサービスの連絡を開くと、Amazonに関する問い合わせができるページが開きます。

解約に関わらず、何かしらの問い合わせがある場合は、こちらから連絡しましょう。(例:真贋調査の話、返品・返金の話)

解約手続きをする際は、大きく分けて3つの問い合わせ方法があります。

具体的には、以下のとおりです。

【Amazonの問い合わせ方法】

  • チャットでの連絡※おすすめ
  • 電話での連絡
  • メールでの連絡

即解約したいなら、チャットでの連絡が一番スムーズです。

この場合、デフォルトの状態でチャット画面に移動できるので、”今すぐチャットを始める”ボタンをクリックして、チャットを開始しましょう。

チャットを開始すると、最初はAIが独自に判断して問い合わせ項目を選んでいきます。

そこから、カスタマーサービスに代わるので、解約の内容を伝えて手続き完了です。

連絡したら、勝手に解約処理をしてくれるため、そこまで難しくありませんよ!

Amazon販売用アカウントの削除手順!

購入者用アカウントに比べて、販売者アカウントを削除する際は慎重にしなければなりません

一度削除すると、二度と復旧できなくなるので要注意です!

具体的な手順は、以下のとおり。

【Amazonの販売用アカウントを削除する手順】

  1. セラーセントラルにログインして解約手続きを検索
  2. 解約手続きをおこなう

購入者アカウントに比べると、チャットなどの手続きはないので手間がそこまでかかりません。

しかし、本当に削除するべきかどうかを考えて削除しないと、後々後悔します!

MARU
MARU
同じアカウントでは、二度とAmazon販売ができなくなりますからね……。よく考えてから削除しましょう!

 

1.セラーセントラルにログインして解約手続きを検索

まず、販売者用アカウントを削除するためには、セラーセントラルにログインする必要があります。

各アカウントにログインしたら、検索窓を探します。

ページ上部に、セラーセントラルに関する情報を検索できる、虫眼鏡マークがあるので、こちらをクリックしましょう。

ここで、「アカウント削除」と検索します。

すると、セラーセントラルのアカウントを削除できるページに遷移できます。

ただ、アカウントの削除は以下の状態だと手続きを進められないので、一度確認しなおしましょう。

【解約・削除ができない状況】

  • FBA倉庫に商品の在庫がある
  • 未発送商品がある
  • 購入手続き中の商品がある
  • 返品・返金対応中

これらに該当していなければ、そのまま解約手続きに移動できます。

また、大口出品にしている場合、そのまま解約すると課金のみが継続される恐れがあるため、小口出品に切り替えるのを忘れずに!

 

2.解約手続きをおこなう

検索窓で、アカウントの削除を選択したら、解約手続きに進みましょう。

”出品用アカウントの解約”をクリックすると、ページに移動できます。

こちらでは、主に2つの手続きが可能です。

通常の出品用アカウントを削除する場合と、マケプレでアカウント解約をリクエストする場合です。

完全に削除したい場合は、”アカウントの解約をリクエストする”をクリックしましょう。

ちなみに、一度解約するともとに戻せなくなるので要注意です。

こちらを選択して、次へを押すと続行するかどうかの確認画面に移動します。

その後は、Amazonに販売している商品がないかどうか、FBAに在庫がないかどうかなどの質問があるので、すべて”はい”を選択して、進めていきます。

最終的に、解約のリクエストが送られたら、1日以内にアカウントが解約される流れです。

出品用アカウントを削除すると、二度と復旧できませんし、同じアカウントのでの物販はできません。

個人的には、小口出品なら利用料がかからないので、削除せずに放置して問題ないと思います。

最近では、新規で出品用アカウントを作ろうとすると、何かと手間がかかりますからね……。

MARU
MARU
それなら、小口出品に切り替えて、必要なタイミングでAmazon物販を始めたほうが効果的ですね!

Amazonアカウントは削除しても大丈夫?どうなる?

Amazonのアカウントですが、必要に応じて削除するかどうか判断するとよいと思います。

しかし、私はあまり削除は推奨しない派で、大きなメリットはそこまでありません。

実際、一度アカウントを削除すると、以下の弊害がありますからね……。

【Amazonでアカウントを削除すると起きる弊害】

  • 注文履歴の削除
  • 販売履歴の削除※出品用アカウントの場合
  • トランザクション履歴の削除
  • 在庫記録の閲覧不可※出品用アカウントの場合
  • 売上データの閲覧不可※出品用アカウントの場合

解約が成立した時点で、セラーセントラルへのログインはできなくなりますし、何かとデメリットしかありません。

仮に、「またamazonで商品を販売したいな」と思った場合は、一度アカウントを再登録して、一から始める必要があります

MARU
MARU
この方法もありですが、ある程度販売履歴があるアカウントを削除して、新しく始める必要性はありません!実績を積むのも面倒ですからね……。

Amazonアカウントを削除する際に気を付けたいこと3選!

Amazonでアカウントを削除する際は、いくつか注意点があります。

最後に、注意点を紹介するので、気になる人は要チェックです!

具体的な注意点は、以下のとおり。

【amazonでアカウントを削除する際に気を付けたいこと】

  • 購入済み・注文商品を確認する※購入用の場合
  • 既DLコンテンツの確認
  • サブスクの会員情報をすべて削除する

いずれも、解約した際にトラブルになる可能性がある項目です。

仮に、アカウントを削除・解約する場合は、これらの注意点を把握したうえで手続きを進めるとよいでしょう。

 

購入済み・注文商品を確認する※販売用の場合

購入アカウントで注意したいことですが、Amazonで何かしらの商品を購入している場合は、購入済み・注文状況について確認しましょう。

出品用アカウントの場合は、在庫があればそもそも解約手続きができませんが、購入用アカウントの場合は手続き可能です。

直近で、注文履歴があるなら一度確認してから、解約手続きを進めるとよいです。

注文状況については、販売用アカウントにログインして、ページ上部の注文履歴から確認できます。

普段からAmazonを利用している人は、何が届いていないかがわからないのと思うので、確認したいところ。

実際に購入履歴を開くと、このような画面が出てきます。

一つの基準にしたいのが、”配送状況を確認”というボタンの色です。

このボタンがオレンジの場合は、現状配送中でまだ届いていない商品のことで、グレーの場合はすでに配達が完了している商品です。

つまり、ボタンがオレンジ色のものがあれば、まだ配達が完了していないので、そちらが完了するまで削除の手続きは保留にしましょう。

補足:意外と忘れがちな定期便

amazonには定期便が存在しますが、解約する際にわすれがちです。

そのため、解約手続きを進める際に、必ず解除しておきましょう。

確認方法は、”アカウント&リスト”にタブを合わせて、”ご利用中の定期おトク便の変更・停止”をクリックするだけです。

定期注文は、当たり前のように送られてくるので、意識していない人も多いです。

そのため、解約前に必ず確認するようにしましょう!

 

既DLコンテンツの確認

Amazonには、さまざまなサブスクサービスがあります。

Kindleもそのサービスの一つですが、解約すると購入データが削除されるので注意しましょう

私も、Kindleを普段から利用していますが、DLコンテンツとして購入しているものがいくつかあります。

仮に、アカウントを解約してしまうと、Kindle上で180日間保存されて、それ以降は削除されます。

新しくアカウントを復旧しても、購入商品が戻ってくることはありません

そのため、DLコンテンツを確認して、少しでももったいないと感じたら、解約は避けましょう。

 

サブスクの会員情報をすべて削除する

Amazonのサブスクサービスは複数存在し、Kindleも読み放題プランがあります。

さらに、送料が無料になったり、お急ぎ便が無料になったりする”プライム会員”もサブスクサービスの代表例です。

こちらのサービスは、解約手続きを済ませるとすべて利用できなくなります。

しかし、解約だけ済ませてしまうと、サブスクだけが継続されてしまい、課金が継続される恐れがあるので要注意です。

また、Amazonアカウント経由で登録できるサービスがありますが、そちらの登録情報を合わせて変更しておきましょう。

アカウント連携としてAmazonアカウントを使っている場合、解約するとログインできなくなります。

サービスを拡大して、さまざまな場所で利用できるため、使っている人も少なくないです。

MARU
MARU
アカウント移行が完了して、解約できる状況になったら、手続きを進めていきましょう!

まとめ

Amazonのアカウントを削除するのは、そこまで難しくありません。

しかし、販売状況や購入状況を確認して削除しないと、うまく手続きができない可能性があるため注意しましょう。

ちなみに、一度削除・解約のリクエストを送ったアカウントは、復旧の手続きができません。

Amazonで、再度”お買い物・出品”をしたいと思ったら、再度アカウントを作り直す必要があるので注意しましょう。

また、amazonに付属するサブスクサービスなども解約しないと、課金だけが継続される恐れがあります

これを避けるためにも、解約するときは一度すべてクリーンな状態にしてから、削除することをおすすめします!

MARU
MARU
今回はAmazonのアカウント削除についてお話ししました。この他にもせどりや転売に関する有益な情報をメルマガでお届けしています。15個の特典付きメルマガはこちらから登録できます!

 

850名の指導実績!


緊急事態宣言解除までキャンペーンを延長します!

オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月2名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】
中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。
オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。
●オンライン個別相談会 現在2名限定募集
【日時・締切日】 毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制) 毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)
※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません
【面接方法】Zoom 【参加料金】現在は無料(期間限定) 【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)

> 今すぐ詳細を確認する!


15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

mail
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!


MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

maru-consul
今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!