Amazonでは国内転売による偽造品を撲滅する機能2020年前半で3つ提供されることになります。。

最近、フリマアプリでも偽物の流通をなくすために、国内転売での規制が厳しくなっている様ですが、Amazonでも偽物商品を撲滅すべく動き出していました。

MARU
MARU
すでに2つの機能が追加されていますが、日本のアマゾンでも2020年前半には3つ目の機能が追加され、さらに国内転売における偽造品の取り締まりが強化されます。

Amazon偽造品撲滅プロジェクトとは?


amazon偽造品撲滅プロジェクトは、「Project Zero」といい

 
  • アメリカ
  • フランス
  • ドイツ
  • イタリア
  • スペイン
  • イギリス
では、2019年の初めからスタートしていました。

このAmazonが行なっているプロジェクトにはアメリカと欧州で登録されている数がおよそ6000あります。

日本でも試験運用の段階であり既に、

 
  • Panasonic
  • アイリスオーヤマ
  • 任天堂
  • ソニー・インタラクティブエンターテイメント
  • アイロボット
  • 川崎重工
  • タカラトミー
  • ダダリオ
などの企業が登録しています。

なんでProjectZeroって名前

アマゾンでのニセモノ品をゼロにするプロジェクトなので「Project Zero」なのだと思われます。

Amazonの公式サイトには、amazonとブランドの強みを活用しニセモノまがいの商品を撲滅する旨が記載されています。

日本国内でも転売屋が間違って、偽物品を販売してしまうとアマゾンの信用が落ちてしまいます。

本物だと信じてアマゾンで買ったブランド品がニセモノだったら・・・きっと2度と買わないでしょうし、友人にもニセモノだったとクチコミしますね。

そうなると、国内転売でのニセモノ品取り締まりが、もっと厳しくなって行くでしょう。

 
  • Amazon・・・信用
  • ブランド・・・利益
などが減ってしまうので、両者力を合わせて国内転売におけるニセモノ商品撲滅のためにプロジェクトに取り組んでいるのですね。

段階的に機能アップ

Amazonの国内転売のニセモノ品撲滅「Project Zero」では、日本ですでに2つの機能が解放されています。

 
  1. 自動プロテクション機能
  2. セルフサービスの偽造品削除ツール
詳しい機能については、次の段落で述べます。

この2つの機能に加え、製品のシリアル化も行われる様になります。

アマゾンの高度な技術を用いて、

 
  • Amazonの信用
  • ブランドの利益
  • お客様の安心感
を確実に行うプロジェクトに取り組んでいます。

確かに、せっかく本物だと信じて買ったブランド品が偽造されたものでは、がっかりします。

日本でも検索すると、ほとんど本物と同じニセモノまがいの商品を販売するサイトが出てきます。

このようなコピー品を平然と国内転売している人も、フリマアプリで見かけますので偽物品撲滅には、まだまだ時間が必要です。

本物そっくりなニセモノ商品は、スーパーコピーとして流通しているのが現状です。

ひどいのになると、本物のブランド品を作っている工場から流出しているコピー品があります。
MARU
MARU
正規の品物を作る工場で同じ様に作られていても、正規のルートを通さないで売られた物はコピーとなってしまうのです。

Amazonが偽造品を撲滅するためのProject Zero3つの特徴


では、Amazonの偽造品撲滅プロジェクトで提供されている3つの機能は、どの様な物なのでしょうか?

先に導入されているアメリカや欧州の国々では、成果をあげていると公式サイトに記載されています。

1つ1つ詳しく機能を見ていきましょう。

自動プロテクション機能

Amazonの偽物品撲滅で提供されている「自動プロテクション」とは、1日5億の商品情報が更新されている中で、国内で転売されているものを自動スキャンで怪しい物を検知する機能です。

この機能はアマゾンの機械学習を活用していて、お客様が閲覧する前に9000万点のニセモノまがいの商品と疑われる品を検出しています。

また、機械学習を活用しているので、常に新しい情報を得ています。

国内転売で精巧な偽物品を取り扱っているのであれば、それは犯罪です。

アマゾンの進化する機能により、ニセモノ品が国内転売により販売される前に偽造品を検出するので、お客様の安心感が高くなるのです。

セルフサービスの偽造品削除ツール

amazonの偽造品撲滅プロジェクトにより、国内転売の商品を見て、ブランドオーナーがニセモノまがいの商品の疑いがある品をAmazonから削除することが可能になりました。

ブランドオーナーは自社の商品を知り尽くしているので、国内転売商品に紛れている偽物品もすぐに見つけられるのでしょう。

この削除された偽装品の疑いのある品は、自動プロテクション機能に反映されるので、ニセモノ商品を見つける機能がアップしていく仕組みになっています。

しかも、ブランドオーナーが偽物品の疑いのある商品を削除するおよそ500倍をアマゾンが自動で削除しています。

商品のシリアル化(2020年後半日本でも提供開始)

商品のシリアル化は、ブランドオーナーが自社の商品を製品・発送する際に、シリアルコードを発行します。

アマゾンで、国内転売されているブランドのシリアルコードを確認し偽物品ではないかを確かめるサービスです。

シリアルコードがあると、

 
  • 商品の真偽を確認しやすくなる
  • セルフでのニセモノ品削除を行う必要がない
などブランドオーナーに評価されているようですね。

Amazonが偽造品撲滅のために提供しているサービス「Project Zero」、ニセモノまがいの商品が流通しないなら、消費者としても安心して商品を購入することができます。
MARU
MARU
だんだんと巧妙になってくる偽物商品と、それを取り締まる方のイタチごっこも、シリアルコードとアマゾンの自動削除の2つの機能で、減って行くのではないでしょうか?

まとめ

いつの時代も国内で転売されているブランドのニセモノ品が、撲滅運動の取り締まりの網の目をかいくぐって流通しています。

Amazonの偽造品撲滅プロジェクトがうまくいけば、他のショッピングサイトも同じような機能を使うようになるでしょう。

最近では、本物と見分けができないスーパーコピーが国内転売でも出回っていますが、amazonのニセモノまがいの商品撲滅プロジェクトが功を奏してくれれば、精巧な偽造品もニセモノだとバレますね。
MARU
MARU
きっとブランドオーナーは、コピー品に悩んでいるので、アマゾンの偽造品撲滅プロジェクトに期待していると思いますし、実際効果があると僕は思います。


● 重要なお知らせ

【2020.04.04更新】新型コロナウイルスの影響で全世界が経済不況へ。今後はさらなる悪化が予想され、例え大企業であっても大規模なリストラが起こる可能性も・・・。そこで今回は緊急コラムを書きました。新型コロナによる経済不況に備えるための方法や、対策の1つとして挙げられる 私や私のコンサル生が実践している「物販(転売)」についてお話しています。詳しくは新型コロナだからこそ物販(転売)がおススメな理由。あなたがやるべき4つのことにまとめましたので、よろしければ最後までお読みください。

オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月2名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】

中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。

オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。

面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。

●オンライン個別相談会 現在2名限定募集

【日時・締切日】
毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制)
毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)


※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接方法】オンライン電話
【参加料金】現在は無料(期間限定)
【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)


> 今すぐ詳細を確認する!

15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!



公式LINE@+プレゼントはコチラ!