Amazonで普段からお買い物をすることがあれば、”amazonビジネス”の利用を検討するとよいでしょう。

ただ、こちらのサービスは”法人・個人事業主”向けのサービスなので、一般の人には不向きです……。

「amazonビジネスでは何ができるの?」

「amazonビジネスのメリットを教えてほしい!」

あなたが、法人か個人事業主の場合、amazonビジネスを使ってお得に買い物をしていきましょう!

今回は、amazonビジネスを使うメリットや、注意点をそれぞれ紹介するので、利用を検討している人は参考にしてくださいね♪

MARU
MARU
結論を少しだけ言うと、法人・個人事業主の人は普通に購入するよりも、amazonビジネスを使ったほうが圧倒的にお得です!普段から、amazonを利用するなら登録必須ですよ♪

【よくわかる解説】

  • 法人限定価格で安く購入できる
  • プライム会員になれば1品でも送料無料
  • 請求書支払いが利用できる
mail-sp

そもそもamazonビジネスとは?

参照:Amazonビジネス公式サイト

Amazonビジネスは、通常のアマゾンとは異なり、”法人・個人事業主向け”に提供しているECサイトのことです。

デスクワークで必要なパソコン関係はもちろんのこと、机やいすなどの事務用品などが多く販売されています。

事務用品の購入で、普段から”アスクル”を使ってる人がいると思いますが、ビジネスモデルはほとんど同じです。

また、Amazonビジネスは、通常のAmazon同様に無料で登録できます

個人的に、リサーチしたなかでは、以下の特徴があるサービスでした!

【Amazonビジネスの特長・メリット】

  • 品揃えが豊富
  • ビジネス系の商品が多い
  • 一般会員で購入するよりも圧倒的に安い
  • 法人用クレジットカードが登録可能
  • 月末締めの月末払いができる

これら以外にも特徴がありますが、後述するメリットで紹介します♪

私は、アスクルよりもAmazonビジネスのほうが安いと思いますし、お得だと思います!

小規模企業から、中小・大企業なども利用しているサービスなので、ビジネス関連の道具を購入したい人は、要チェックです◎

 

amazonビジネスのメリットを紹介!

Amazonビジネスですが、法人・個人事業主の場合は積極的に使ったほうがよいサービスです。

特に、いままで事務用品などをアマゾンで購入していた経験がある人なら、Amazonビジネスのほうがお得です。

これまで調べてきたなかでは、以下のメリットを実感しました!

【Amazonビジネスを利用するメリット】

  • 品ぞろえがとにかく多い
  • 法人価格で商品が購入できる
  • プライム会員なら送料が無料
  • 1ヵ月分にまとめて支払いができる(請求書払い)
  • 稟議書の必要がない
  • 法人カードの使用が可能
  • 数量割引が受けられる

このなかでも、品ぞろえが豊富な点や、安く購入できる点は経費削減になるためおすすめです◎

さらに、請求書払いができるのもメリットの一つで、Amazonビジネス限定で1ヵ月先の後払いにできます。

MARU
MARU
まさに、アスクルと変わらないサービスです!事務用品の購入で迷っている人は必見です!

 

Amazonビジネスは品ぞろえがとにかくいい!

Amazonビジネスは、法人・個人事業主向けのサービスなので、事務用品がメインで販売されていると思われがちです。

たしかに、トップページで表示されるのは、事務用品や仕事で使うような道具ばかりです。

私も、しっかりリサーチするまでは、そのようなサイトだと思っていましたが、実はAmazonで取り扱っている商品ならほとんど購入できます!

これが本当にamazonビジネスのメリットです!

要するに、ビジネスアカウントを作成して、通常のアマゾンで購入するような感覚です。

amazonで、主に安く購入できるのは、オフィス用品や工具などで、通常商品はそこまで安くありません。

それでも、飲料水などは通常価格よりも10%オフなどで購入できるため、会社などにストックしておきたい場合は、利用したいところです!

 

法人価格で商品が購入できるメリット

amazonビジネスで販売されている商品は、基本的に法人価格で販売されています。

仕事に関連性がある商品なら、基本的に割引して購入できるイメージ。

ラインナップはさまざまですが、バイク・車の部品なども販売されており、購入対象者は幅広いと思います。

ちなみに、これらの商品は、いずれも30%オフ以上。

amazonビジネスで500円で販売されている商品が、通常のAmazonで購入しようとすると1,200円程度します。

同じ商品でも、このように値段が違うなら、amazonビジネスに登録したほうがベストです。

いままで、通常のAmazonで、事務用品や仕事で使うものを購入していた人は、Amazonビジネスの登録を検討してもよさそうです♪

MARU
MARU
幅広い職種の人に対応していますし、お得に購入したい人には最適ですね◎

 

Businessプライム会員なら送料が無料

Amazonビジネスは、プライム会員サービスがあります。

”Businessプライム”と呼ばれるサブスクさサービスですが、入会すると送料が全品無料になります

普通に購入した場合は、通常のAmazon同様に、2,000円以上購入しないと送料がかかります。(1個あたり400円程度)

しかし、Businessプライムの場合は、商品の個数に限らず1品から送料が無料になるのでおすすめです!

送料が無料になる以外にも、以下のメリットがあります。

【Businessプライムの特徴】

  • お急ぎ便、当日お急ぎ便の無料
  • 日にち設定が無料
  • 時間設定が無料

いずれも、回数制限なく毎回無料で利用できるので、おすすめです。

ただ、一部商品に条件があるので、そちらも押さえておきましょう。

通常のAmazon同様に、”あわせ買い対象商品”はプライム会員でも、2,000円以上購入しなければなりません。

送料が無料になるだけでも、だいぶお得だと思うので、利用を検討してもよいと思います!

補足:Businessプライムのそれぞれのプラン

アマゾンのBusinessプライムには、大きく分けて5つのプランがあります。

用途に応じて、登録するアカウントを使い分ける必要があるため、それぞれ紹介しますね♪

それぞれ早見表を作ったので、以下を参考にしてください。

 DUOプランESSENTIALSプランSMALLプランMISIUMプランUNLIMITEDプラン
料金プラン2,450円/年間4,900円/年間13,500円/年間37,800円/年間27万円/年間
お急ぎ便・当日お急ぎ便
日時指定無料
累積購入割引
購入分析の確認×
購入コントロール×

小規模企業で利用する場合は、DUOかESSENTIALSプランで問題ないと思います。

月間500円程度で利用できますし、そこまで負担はありません。

「その他のプランは何が違うの?」という人がいると思いますが、利用できるユーザー数が異なります。

【プラン別で利用できるユーザー数】

  • DUO:1ユーザーのみ※個人向け
  • ESSENRIALS:3ユーザーまで※小規模企業向け
  • SMALL:10ユーザーまで※小規模企業向け
  • MEDIUM:100ユーザーまで※中規模企業向け
  • UNLIMITED:無制限※大企業向け

プランが上がると利用料も異なりますが、利用できるユーザー数が増える仕組みです。

詳しい内容については、公式サイトのプランページでご確認ください♪

・関連ページ>>>Businessプライム会員プラン

 

Amazonビジネスの最大のメリット!1ヵ月分まとめて支払いができる(請求書払い)

個人的に、リサーチしてメリットだと思ったのが、請求書払いができる点です。

本来、Amazonで商品を購入すると、購入して即支払われるのが主流です。

現時点で存在する支払い方法を見ても、通常アカウントでは後払いが選択できません。

しかし、Amazonビジネスの場合は、請求書払いとして1ヵ月分をまとめて支払えます

支払いフローは、”月末締め・翌月末払い”で、約1ヵ月間の支払い猶予があります。

ただ、請求書払いは、法人・個人事業主だからといって、無制限におこなえるわけではありません。

会社の実績や売り上げに応じて、支払限度額が決まっています

利用に際しての申し込みなどは必要なく、アカウントを開設した時点で付与される支払方法です。

MARU
MARU
同様に、クレジットカード支払いも可能なので、合わせて使うとキャッシュフローがよくなりますよ♪

 

稟議書の必要がない

本来、会社で経費になるものを作成するときは、稟議書を上げる必要があります。

コンサル生に不動産会社で働いている子がいましたが、何かと経費で使うものが多く、稟議を上げるのが面倒といっていました。

仮に、消耗品・備品を購入する際は、amazonビジネスを使うとスムーズです!

プランにもよりますが、最上位プランのUNLIMITEDプランであれば、権限が違うユーザーが無制限に商品購入できます。

当然、経費になるものに限りますが、一括で経費管理ができるので、おすすめです。

流れとしては、上記のような商品を、社員が自由に購入できるような仕組みを作っておけば問題ありません。

amazonビジネスでは、発注金額をアカウント別で設定できるため、無駄に使われることもありません

さらに、決済が確定する前に、amazonビジネスの管理者に一度承認メールを送り、承認したものだけが購入できる仕組み作りも可能です。

MARU
MARU
経費管理が面倒なら、amazonビジネスを導入するメリットがありますね!

 

amazonビジネスでは法人カードが使えるメリットが!

経理をする際のメリットになるのが、法人カードを使った決済です。

amazonビジネスでは、法人用クレジットカードが使用できるため、経費の一括管理に役に立ちます。

支払方法を、すべて経費購入用の法人カードに指定していれば、複数人購入した際でも安心です。

また、個人の支払いだけではなく、amazonビジネスに登録している全ユーザーを対象として、一つのカードで決済が可能です。

例えば、以下の形式でamazonビジネスを使っている場合。(パターンA)

【パターンAの場合】

  • 使用人数:1人
  • 使用目的:事業で使う必要経費の決済

この場合は、1枚の法人カードがあれば問題ありません。

しかし、会社でamazonビジネスを使っている以下のパターンの場合。(パターンB)

【パターンBの場合】

  • 使用人数:10人
  • 使用目的:会社で使う必要経費の決済

このケースは、10人に別の法人カードを持たせるか、1枚の法人カードをグループ全体で使うかのいずれかが必要です。

amazonビジネスでは、支払い方法を”グループでの支払い方法”に設定可能で、1枚の法人カードを決済用に指定できるのがメリット。

そのため、支払いの一括管理が可能で、経理が楽になりますよ

 

数量割引が受けられる

企業によっては、備品を一度にまとめて購入するケースがあると思います。

その際に、役に立つのがamazonビジネスの”数量割引”機能です。

個人経営・小規模経営の人にはそこまでメリットになりませんが、中小以上の企業なら大きなメリットになります!

例えば、あなたが以下の商品を会社用に購入するとします。

コピー用紙は何かと使いますし、一度に発注する金額もかなり多いでしょう。

また、それ以外にも、会社で使うボールペンやノートなども同様に、大量発注するケースが多いです。

その際に利用したいのが、数量割引です!

商品を購入する際、このような画面が表示されるので、”数量割引を依頼する”ボタンをクリックして、商品の発注数を決めましょう。

依頼ボタンをクリックしたら、数日で手続きが完了します。

メールにて連絡が来ますが、元値よりも大幅日割引してくれるので、amazonビジネスでお得に買いたいなら、積極的に利用しましょう。

 

amazonビジネスのメリット以外に注意点はある?

amazonビジネスは、かなり便利なサービスなので、法人・個人事業主の人は登録したほうがよいです。

公式の情報によると、東証一部上場企業の75%がAmazonビジネスを使っているとの報告があります。

しかし、Amazonビジネスを利用する際は、それぞれ注意したいことがあるので、紹介しますね!

具体的な注意点は、以下のとおりです。

【Amazonビジネス利用時の注意点】

  • 登録までに若干時間がかかる
  • 個人アカウントの切り替えはサブスクが解除される
  • 個人事業主は開業届が必要

Amazonビジネスは、一般用アカウントとの併用ができないため、同じアカウントで登録すると、通常アカウントのサブスクが解約されてしまいます。(例:Amazonプライムなど)

そのため、アカウントを引継ぎする際は、注意しましょう。

 

登録までに若干時間がかかる

Amazonビジネスに登録するには、公式サイトから無料登録をすれば完了します。

普通にアカウントを作る場合に比べると、会社の情報などを入力しなければなりませんが、基本的には10分程度で完了します。

これまでは問題ありませんが、Amazonビジネスはだれでも利用できるわけではありません

利用できるのは、”法人・個人事業主”のみと限定されており、登録には審査が必要です。

法人の場合は、状況次第で登記簿謄本が必要になるので、事前に用意しておくとよいでしょう。

個人事業主の場合は、後述しますが”開業届”が必要です。

審査については、最大で3営業日ほどかかりますが、コンサル生は1~2日程度で通った子が多いです。

登録方法は、2021年時点で以下の二つです。

【Amazonビジネスの登録方法】

  • 新規でビジネスアカウントを発行する(個人用と使い分ける方法)
  • 個人用アカウントをビジネスアカウントに切り替え

どちらも、おすすめな登録方法ですが、個人的には前者をおすすめします!

後述しますが、個人アカウントの引継ぎは、何かと面倒です……。

MARU
MARU
プライベート購入などもあると思うので、アカウントは使い分けましょう!

 

個人アカウントの切り替えはサブスクが解除される

普段、Amazonでお買い物をしているなら、すでに個人用アカウントがあります。

個人情報が登録されているので、ビジネスアカウントに引き継ぎすれば、スムーズに登録できるものの、あまりおすすめしません。

複数のアカウントを管理せずに済むのはメリットですが、サブスクが使えなくなります

具体的な、サービスは以下のとおりです。

【使えなくなるサブスクサービス】

  • Amazonプライムビデオ
  • Amazonプライムミュージック
  • AmazonプライムNow

Businessプライムになったとしても、利用できるのは、お急ぎ便の無料サービスや日時指定無料サービスのみです。

普段の生活のなかで、娯楽にAmazonがある場合は、個人用と法人用で分けることをおすすめします!

MARU
MARU
正直アカウントを二つ作ったところで、手間になることはありませんからね!引継ぎをしてしまうと、個人アカウントの購入履歴が見られますし、何かと不都合ですよ……。

 

個人事業主は開業届が必要

Amazonビジネスでは、法人だけではなく個人事業主も利用できます

法人登録の場合は、基本的に提出書類は必要ないそうですが、個人事業主は以下が必要です。

【個人事業主でAmazonビジネス登録に必要なもの】

  • 開業届
  • 過去2年以内の青色申告決算書
  • 過去2年以内の青色申告承認申請書

いずれも、コピーしたものをPDFファイルにて送付する必要があります。

また、これらの書類は、いずれも税務署の印鑑が押されているものに限り、e-TAXで納税した場合は受信通知も送付しなければなりません。

法人の場合は、法人登記をした時点で、実在するかしないかの在籍確認が可能ですが、個人事業主の場合は難しいです。

そこで、開業届を提出させて、本当に個人事業主として活動しているかを確認するわけです。

MARU
MARU
ちなみに、個人事業主でも”白色申告”を指定している場合は、サイトに登録できないので注意しましょう!

 

Amazonビジネスのメリットまとめ

Amazonビジネスを利用すれば、通常販売されているよりも安く購入できるが一番のメリット!

同じ商品でも、半額以下になるような商品もありますからメリット大ですね♪

ただ、Amazonビジネスを利用できるのは、法人登記をしている会社か、開業届を出している個人事業主に限ります

個人事業主に関しては、登録に際して開業届と青色申告決算書などが必要になるので注意しましょう。

経理を一括管理したい人や、経費削減をしたい人は、登録を検討するとよいですよ!

MARU
MARU
今回はamazonビジネスを使うメリットについてお話ししました。この他にもせどりや転売に関する有益な情報をメルマガでお届けしています。15個の特典付きメルマガはこちらから登録できます!
【相談料5000円→無料】850名の指導実績!



オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月5名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】
中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。
オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。
●オンライン個別相談会 現在2名限定募集
【日時・締切日】 毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制) 毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)
※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません
【面接方法】Zoom 【参加料金】そろそろ値上げ間近!5000円→無料(期間限定) 【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)

> 今すぐ詳細を確認する!


15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

mail
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!


MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

maru-consul
今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!

著者情報/運営者情報