誰でも気軽にネットショップを運営できる時代。

しかしネットショップを立ち上げたあと、次のような悩みを抱えている人がいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 「思ったより全然売れない」
  • 「どのようにして集客をすればいいのかわからない」
  • 「ネットショップ販売での宣伝の仕方を知りたい」

ネットショップを立ち上げただけではモノは売れません

なぜなら、ネットショップでの出店者は数多く存在するため、集客をしなければ競合他社に勝てないからです。

正しい集客の方法を知り、効率的に販売するためにはコツが必要です。

まずはあなたのネットショップをお客様に認知してもらいましょう。

MARU
MARU
本記事ではネットショップの売上を増やしたい人を対象に、無料と有料の集客方法をご紹介します。また、集客を手助けしてくれるサイトもご紹介しますので、あなたのネットショップに合った集客方法をチェックしてください。
mail-sp

ネットショップに集客しないと売れないワケ

ネットショップを立ち上げてもすぐに売れないのは「ショップの存在がお客様に知られていない」ことが最大の理由です。

ご自分がネットショッピングするときの購買行動を思い出してください。

大半の人はアマゾンや楽天、ヤフーショッピングといった大手モール型サイトで欲しいものを探し、購入しているのではないでしょうか?

アパレルのように商品の個性が強く問われるジャンルでも同様で、モール型サイトであるZOZOTOWNの売上が強く、単独のECサイトでも売上の上位はユニクロ、アダストリアといった大手サイトが占めており、小さなネットショップが付け入る隙はほとんどありません。

これは、中小企業や個人事業主が運営するネットショップが大手よりも魅力がないからではありません。

ほとんどの消費者が上記のような大手サイトでネットショッピングを済ませてしまうため、小さなネットショップはそもそも存在さえ知られていないのです

ネットショップは実店舗と同じで、開業したあとにお客様の呼び込みをして、ショップの存在を知ってもらわなければなりません。

インターネット上で自分のネットショップを見つけてもらいやすくする工夫をしましょう。

 

作っただけで売れるなんて勘違い

ネットショップを作っただけで自動的に売れると思っていませんか?

ネットショップを作って満足して、あとはお客様が来てくれるだけ!と待っていてもお客様は来ませんし商品も売れません。

ネットショップを作ったときはスタート地点です

適切な集客方法でお客様を呼び込みましょう。

 

大手と違い自分で集客しないといけない

「適切な集客方法」とはなんでしょうか?

端的にいえば、「地道に自ら集客作業をする」ということです。

たとえばアマゾンや楽天市場のような大手のモール型サイトはモール自体に集客力があるため、モールに出店すれば努力しなくても集客できます。

しかし独自ドメインでネットショップを開業したら、まずはお客様にショップにたどり着いてもらうよう、集客することが必要です。

集客するための一連の作業を、自分自身ですることになります。

そうはいっても集客する方法は様々です。

具体的にどのような方法があるか検討さえつかない人も多いことでしょう。

MARU
MARU
そこで次に、ネットショップへの集客を無料でおこなう方法と有料でおこなう方法について詳しく説明します。

ネットショップへの集客が無料でできる3つの方法

まずはお金をかけずに集客したいという人に、無料でできる方法を3つご紹介します。

無料のものは効果が出るまでに時間がかかるものが多いです。

中長期的な集客を考えておきましょう

 

SEO対策をしたブログ

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、意味は「検索エンジン最適化」です。ネットショップの無料集客では、Googleなどの検索エンジンで検索上位に来るようSEO対策をしたブログを書くことも有効です。

ブログのタイトルに狙ったキーワードを入れたり、見出しや本文にもキーワードを散りばめたりしてユーザーの検索ワードと合致するよう意識しましょう。

ただしブログを書くだけでは意味はありません。

書いた記事からネットショップへ誘導することで、はじめて集客につながります

自社が運営するネットショップのメリットや、自社製品の優位性などをアピールしたうえで、読者をネットショップに誘導するリンクを適切に配置する必要があります。

 

 SNSの拡散力を使う

ブログにネットショップの集客に関する投稿をしたら、InstagramやTwitter、Facebookに記事のURLを載せることをおすすめします。

検索エンジンからの流入には限界があります。

自社サイトのページを検索上位に表示するためには、上記したSEO対策を長期間粘り強く継続する必要があるからです。

その点SNSの場合は、すでに「フォロワー」という形でショップの存在を認知してもらえていますから、あとは魅力的な投稿をフォロワーのタイムラインに流すことで、一定のアクセスが期待できます。

またSNSの場合、「拡散してもらえる可能性がある」のが大きな特徴です。

いわゆるバズを引き起こす投稿によって、フォロワー以外のユーザーも誘導できるわけです。

 

 YouTubeなどの動画サイト

無料で集客したいなら、YouTubeなどの動画サイトを活用しない手はありません。

音声を伴う動画の場合、文字や画像だけの情報よりも、商品などの内容をターゲットが理解しやすくなります。

そのため、狙ったターゲットに訴求しやすくなり、ネットショップへの集客が効率的にできるのです。

また、購入者から商品レビューをコメント欄に書いてもらった場合、ショップや商品の信頼度も上がる可能性があります。

MARU
MARU
動画のコメント欄はかならず開放し、視聴者に対してコメントの記入を促しましょう。

ネットショップへの集客が有料でできる5つの方法

次に、ネットショップへの集客を有料でおこなう方法を5つご紹介します。

無料の集客に比べると即効性があり、短期での集客に期待できるものばかりです。

参考にしてみてください。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果でページの上部に表示させる方法です。

リスティング広告は、情報収集しているユーザーの検索意図を分析し、ユーザーが求める情報をピンポイントで広告表示できるので、ショップへの誘導はもちろん、購入率も高くなります。

 

SNS広告

SNS広告とは、

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

などのSNSプラットフォームで表示される広告のことです。

SNSは、アカウントを登録するときに個人情報の入力をします。

登録された情報と、SNS上での行動データを元にターゲティングしますので、商品を訴求したい相手に的確に表示し、集客することが可能です。

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、webサイトやアプリ上で画像もしくはテキストで掲載される広告のことです。

一般的にバナーで表示されることから「バナー広告」と呼ばれることもあります。

リスティング広告がテキストのみなのに対し、ディスプレイ広告では画像や動画が選べるので見た目が分かりやすいという利点があります。

ユーザーがクリックしたくなるようなバナーを作ると、成果につながりやすいでしょう。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは「成果報酬型広告」のことです。

アフィリエイターと呼ばれるブロガ―やメディアサイト運営者に商品の宣伝や販促活動をしてもらい、成果に応じて報酬を支払うという仕組みになっています。

アフィリエイトは「ASP」と呼ばれるアフィリエイトサイトに広告主が宣伝したい商品などを登録します。

そして、アフィリエイターが商品を宣伝するためのサイトを作り、プロモーションをおこなう流れです。

少ない費用でできるところがメリットといえるでしょう。

 

Googleショッピング広告

Googleショッピング広告とはGoogleの検索結果ページに表示される広告のことです。

広告主はあらかじめ商品画像と商品名、価格、ショップ名を「Googleマーチャントセンター」に登録します。

ユーザーは商品の情報を得た状態でクリックするため、成果率が高くなります。

MARU
MARU
また、Googleマーチャントセンターに登録された情報をもとに、Googleがキーワード別にどのユーザーにどの広告を表示するかを的確に判断してくれるため、訴求力も格段に上がります。

ネットショップに集客できているかツールを使って分析する


無料と有料の広告を使って宣伝を始めたら、きちんとネットショップに集客できているか分析をしましょう。

ここでは、分析ツールを2つご紹介します。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。

サイトに訪れたユーザーの行動に関するデータがわかります

たとえば、

  • サイトの訪問者数
  • 訪問者はどこから来たのか
  • 訪問者のサイト内での行動

などです。

Googleアナリティクスに自社サイトを登録するだけで、ユーザーのさまざまな行動がわかるのでぜひ登録することをおすすめします。

ネットショップのアクセス解析をしっかりおこない、より効率的な集客へと改善を重ねていきましょう。

 

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールも同じくGoogleが無料で提供しているサービスです。

ネットショップを適切に管理し、改善していくツールとしてとても役立つでしょう。

Googleサーチコンソールを使うと、Google検索であなたのネットショップがどれだけ閲覧され、どれだけクリックされたかを確認できます。

また、どんなキーワードで検索し、サイトを訪れたかもわかります。

「意図したキーワードがどれくらいの訪問者数なのか」「想定外のキーワードでの訪問はあるのか」といった情報を得ることも可能です。

これらの情報の分析を重ねて、よりユーザーの満足度が高いネットショップに改善していきましょう。

 

自分では無理だと思ったSUKETに相談

ネットショップを開業後、一通り集客をしたけどうまくいかない、なかなか売上が上がらないという人がいらっしゃるかもしれません。

分析方法が正しいのか、SEO対策は効果があるのかなど、結果がついてこなければ不安になりますよね。

ネットショップで商品やサービスを販売したり、情報商材を販売したりするときは「SUKET」にお任せしてみませんか?

SUKETでは、お客様のニーズにこたえる徹底したWeb集客コンサルティングを提供します。

まずはLINEでの無料相談をおすすめします。

お気軽にお問い合わせください。

まとめ

ネットショップは開業後の集客が大事であることをお伝えしました。

まずは無料ツールを使って集客を実践し、予算があれば有料のツールも利用してみましょう。

いろいろ試してみてうまくいかない場合は、ご紹介した「SUKET」への相談もご検討ください。

ネットショップへ効率的に集客する方法は決して簡単ではありません。

MARU
MARU
本記事で紹介したような手段をきっちり活用し、たくさんのお客様が集まる優秀なサイトに育てていきましょう。

 

【相談料5000円→無料】850名の指導実績!



オンライン面談のお知らせ

■コンサル生月5名募集

【MARUから直接指導を受けたい方向け個別相談会】
中国輸入ビジネスで月収10~30万円稼ぎたい方の個別サポートを2019年からスタートしています。
オンラインの個別面談では、サラリーマンをしながらまず月10~30万円を達成するための仕入れ術、ノウハウ、マインドセット等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
面談は完全予約制となっております。
※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施しますので、ご了承くださいませ。
●オンライン個別相談会 現在2名限定募集
【日時・締切日】 毎月第2土曜日:10~17時の間(完全予約制) 毎月第3土曜日:10~17時の間(完全予約制)
※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません
【面接方法】Zoom 【参加料金】そろそろ値上げ間近!5000円→無料(期間限定) 【参加条件】中国輸入で副収入を得たい方(学生不可)

> 今すぐ詳細を確認する!


15個の有料級特典が貰える中国輸入ビジネス講座に参加する!

mail
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!


MARUが直接指導する個別コンサルのご案内はこちら!

maru-consul
今すぐ個別コンサルの詳細を確認する!

著者情報/運営者情報