電脳せどりの手順やコツだけではなく、仕入先やリサーチ方法などのノウハウを動画で公開しています。電脳せどりは有料ツールやリストを使わなくても無料ツールだけで稼ぐ事ができます。ヤフオク仕入れやAmazon仕入れも公開しているので、無料の動画で電脳せどりを始められるのがMARUのブログの特徴です。

amazon新規出品方法3「商品画像のアップロード」

画像のアップロード
amazonに新規出品で掲載できる商品画像は合計9枚まで登録できます。

メイン画像はAmazonの検索結果に表示される商品ページの画像となります。
サブ画像8枚は商品の魅力や使用方法などの詳細を表示することが出来ます。
※アップロードする画像ファイルは最長辺で500ピクセル以上必要です。

この商品画像にもamazonのガイドラインがあり、基準が定められています。

【メイン画像】
・商品を正確に表示し、かつ販売商品のみを表示してください。
・メイン画像の背景は純粋な白を使用してください。
・背景が白であり、かつ、無地で陰影がない画像を使用してください(デジタルカメラなどで撮影した写真は、画像処理ソフトで背景を完全な白にしてください)。
・メイン画像に、グラフィックやイラストを使用することはできません。商品に同梱されないアクセサリー類、購入者に誤解を与えるようなコーディネート品、商品の一部ではない文字、ロゴ、透かし、挿入画像も使用できません。
・画像全体の85%以上を商品が占める必要があります。
・縁取りや装飾、文字入れ、ロゴ入れ、イラスト入れは不可。


【サブ画像】
・サブ画像では、メイン画像では写っていない側面、使用方法、詳細などを表示してください。
・文字入れ、スタイリング、カラーバリエーション、モデル撮りいずれも可能。
・「送料無料」「金額」「●%OFF」などのサービスに関する記載がある画像の使用は不可。
白の背景を推奨しますが、必須ではありません。


詳細:商品画像の準備(商品画像の基準)



メイン画像のガイドライン(違反例・模範例)

メイン画像の背景は純粋な白を使用する。


衣装などを着用しているモデルの写真も可能です。

ただし、問題がある(品が無いと受け取られる画像・ポーズなど)と
判断された場合は削除される可能性があります。


画像全体の85%以上を商品が占めるように


画像の余白は極力少なくする必要があります。


メイン画像の中に文字や複数商品、カラーチップを入れない



複数の商品を1枚の画像にまとめない(商品単品を掲載)


※商品画像に複数商品が写っていると、どの商品か分からないだけではなく、
画像に写っている商品すべてがセットで売っていると誤解を招く可能性があるため、
1商品につき1画像を用意してください。


メイン画像の良い例

メイン画像良い例

メイン画像の悪い例

メイン画像悪い例
メイン画像にはオークションのような商品名やロゴを入れたり、
商品の写真以外の物が写っていてはいけないなどのルールがあります。

ただし、これは商品ページに表示されるメイン画像の場合で、
サブ画像では問題ありません。
(画像なしは除く)

その他の商品画像の基準なども確認しておきましょう。
参照:画像の要件とエラー


ズーム機能の利用について

amazonの商品ページ上でズーム機能を実現するためには、
画像の高さ、幅のいずれかが1000ピクセル以上必要です。

※服&ファッション小物・シューズ&バッグの場合は、
ズーム機能の精度をより高める為、1280ピクセル以上が推奨サイズです。


ズーム機能は、販売促進に有効な手段ですので、
画像サイズに注意して活用していきましょう!


背景を白抜きにする方法

切り抜き

1.Office2010以降をお持ちなら、office機能で背景の加工ができます。

詳細:画像の「背景のみ」を簡単削除(Microsoft atLife)
※上記画像の切り抜き(白抜き)はOffice機能で加工しました。


2.無料の画像加工・編集ソフトを使う。

フォトスケープ(PhotoScape公式サイト)
GIMP2(GIMP公式サイト)

「photoshop 切り抜き」などと検索して調べてみてください。


他にもウェブ検索ではなく「動画で検索」すると画像加工の具体的な方法がわかります。
※GIMPの場合も「GIMP 切り抜き」や「GIMP 使い方」などと検索してみましょう。

背景を白色にすると切り抜きがしやすく、きれいな画像に仕上がりますので、
白い紙(画用紙等)や白い布を背景にデジカメや携帯カメラで撮影しましょう。


商品画像の無断転載について

メーカーやネットショップの商品画像は著作権や肖像権の問題があります。
参考記事:商品画像の無断転載により警告文が届いた(弁護士ドットコム)

僕は法律の専門家ではありませんので明確な判断基準は示せません。
ですので、ウェブサイトから商品写真を使う場合は自己責任で行なってください。

基本的には自分で撮影することが一番安全です。
そうすることでオリジナル画像となり、ライバルとの差別化が図れます。

新規出品の場合は、商品を撮影して画像(写真)を準備しましょう。


まとめ

メイン画像は「商品画像のガイドライン」に従った写真を登録しましょう。

サブ画像は8枚まで画像をアップすることができます。
この画像については背景やロゴが入っていても問題ありません。


amazonに出品されている商品の画像を見ていると
メイン画像が規約違反の対象となる商品ページは多いですよね。

amazonも新規出品の画像を全てチェックできませんので、
規約違反の写真でも出品登録は可能です。

ですが、何かのタイミングで改善を要求されたり、
出品ページを削除される可能性もあります。

後から指摘された時に慌てることのないように
初めから規約を厳守した商品画像を登録しておきましょう。


その他の記入事項も載せておきますので、こちらも参考にしてください。

【amazon新規出品登録(商品ページ作成)の手順一覧】
登録の流れ:amazon新規出品の登録方法
新規出品記入項目 1.「重要情報の入力
2.「出品情報の入力
3.「商品画像のアップロード」←本記事
4.「商品説明の入力
5.「検索キーワードの設定





読者さんに稼いでもらうためのメルマガを配信開始!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:MARU

会社勤めに不満がありネットビジネスの世界に参入。
「子供と一緒にいる時間を大切にしたい!」

その想いが原動力となり諦めず努力し続け、今では念願の独立を果たしました!

膨大な時間とお金を費やして得た知識や経験で、
最短で結果が出る正しい情報を発信しています。

一度きりの人生、一緒に変えませんか?



刈取りせどりの生映像

刈取りせどりの瞬間を公開!完全在宅せどりです。

仕入れ商品の判断基準

ランキング変動履歴で売れる商品が予測可能です!