電脳せどりの手順やコツだけではなく、仕入先やリサーチ方法などのノウハウを動画で公開しています。電脳せどりは有料ツールやリストを使わなくても無料ツールだけで稼ぐ事ができます。ヤフオク仕入れやAmazon仕入れも公開しているので、無料の動画で電脳せどりを始められるのがMARUのブログの特徴です。

amazon新規商品登録1「重要情報の入力手順」

重要情報の入力について

重要情報登録※登録する商品カテゴリーは「アパレル」で解説していきます。

重要情報に必要な情報は
商品名
ブランド名
JANコード

この3つが最低限必要です。
➂、➃は必須項目ではありませんが
のブラウズノードは売上に左右しますので必ず登録しましょう。

まずはから順に入力方法や注意点について解説していきます。


1.商品名について ※必須項目


amazonでは商品名についてもガイドラインがあり、
使ってはいけない文字や単語、表示する順序も決まっています。

<正確な入力例>

([ブランド名カタカナ表記]) [ブランド名アルファベット表記] [商品名 サイズ等]

という順序で入力してください。


単語と単語の間に半角スペースをあけるのを忘れないようにしてください。
「枕カバー」は「枕  カバー」とは別のキーワードとして認識されます。
詳細:検索キーワードの設定(amazonヘルプ)

商品名には半角スペースを使いながら重要なキーワードを入力し、
お客さまからの検索結果に表示されるように作成していきましょう。

商品名(タイトル)は検索されるキーワードとなりますので、
販売に直結する非常に重要な項目です。


キーワード選定の詳細は「検索キーワードの入力」を参考にしてください。


また、キーワードの登録にはルールがありますので、
規約違反にならない商品タイトルを設定しましょう。

付属品は「商品の仕様」または「商品説明」に入力してください。
・本来の商品名と関係のない文章や記号を含まないようにしてください。
スペースは半角で入力し、区切ってください。
スペースも含め全角50文字以内で入力してください。
半角カタカナは使用不可です。
・英数文字、ハイフンは半角で入力してください。
・Type 1 High ASCII文字やその他の特殊文字は、使用できません。
・並行輸入品のみ、商品名の末尾に【並行輸入品】と記載。
(詳細は「並行輸入品の登録について」を参照)
・セール、OFF率、激安、送料無料等をタイトルに入れるのは不可。
(キーワードの詳細は下記の「NGワード例」を参照)

参照:商品登録ルール(Merchants@amazon.co.jp)


商品名規約<NGワード例>

amazon禁止
「★」や「!」など、ヤフオクで利用されている文字の区切りはamazonでは禁止です。
NGワードを使っている出品者も多いですが、それは規約違反になります。

amazonのガイドラインを遵守していない場合は、
商品の削除や出品停止となる可能性があります。

それぞれのカテゴリ毎に商品名の登録ルールが詳しく定められていますので
各ストアにおける商品登録に関する注意事項」も確認しておいてください。


2.ブランド名規約 ※必須項目

ブランド名 ブランド名は「アルファベット表記」+「カタカナ表記」で正確に入力してください。
その他情報の入力は不可です。

※商品名のブランド名とは順番が逆になりますのでご注意ください。
ブランド名登録
ブランド名の入力は「アルファベット」を先に表記(入力)します。

プライベードブランド品の出品について

自社で製造していないノーブランド品を独自のプライベートブランド品として出品する際は、以下の事項を遵守しなければなりません。

1.ブランドロゴを、商品本体または商品のパッケージに印字(刻印)する。
2.1)が明確に確認できる画像を登録する。
3.商品名にブランド名を記載する。
4.ブランド名欄に該当ブランド名を登録する。
この条件を満たしていない商品はすべて【ノーブランド品】としての出品となります。

また、ノーブランド品の商品名には「ノーブランド」 と記載する必要があります。
ノーブランド品の登録ルールについてはこちら


「服&ファッション小物カテゴリー」のブランド名について

衣類は登録したいブランド名が記載されたラベルを商品に縫い付けるか、
ブランド名が記載されたタグを糸・チェーン・タグピンなどで付ける必要があります。

小物は商品又は商品パッケージにブランド名の印字(刻印)するか、
ブランド名が記載されたタグを外装箱またはパッケージに同梱しなければなりません。

上記画像のブランド名にTESTと記入しているのは参考例ですのでご注意ください。


3.スタイルキーワードの設定

スタイルキーワード
スタイルキーワードはサイト上の左側ナビゲーションの絞り込みに有効です。

商品のスタイルに該当する値を選択してください。
※必須項目ではありません。

スタイルキーワードの設定表示がないカテゴリーもあります。

逆に「型番」の入力項目があるカテゴリーもありますので、
商品の型番があれば入力し、なければ管理しやすい番号を入力してください。


4.ブラウズノードの登録について ※登録推奨項目

ブラウズノード
Amazonでお客さまが商品を探す際の手段として「検索」と並んで重要なのが、
商品のカテゴリー分類と、商品を絞り込んで選択する際に使用できる属性項目です。

ブラウズノードを指定することにより、
お客さまにも目的のカテゴリーを絞り込むことができるようになります。

このカテゴリー分類と絞り込みの属性を指定するための項目が
【ブラウズノード = 小カテゴリー】となります。

ブラウズノードを指定していない商品ページというのは、
大カテゴリーまでしか登録されていない状態になります。

【登録されている商品例】

【登録されていない商品例】
このようにブラウズノード(小カテゴリー)まで登録すると
小カテゴリーのランキングも表示されるようになります。

ブラウズノードを登録していないと、お客さまがカテゴリーから検索した場合に、
商品ページが表示されることがありません。


これではキーワードのみでしか検索に表示されませんので、
販売機会を大きく逃してしまいます。


必ずブラウズノードを登録しなければならない訳ではありませんが、
適切なブラウズノードを設定することで効果的に商品を表示させることが可能です。

販売促進に繋がる非常に重要な項目ですので必ず登録することをオススメします。


ブラウズノードが不明な場合

出品したい商品の登録情報を参考にしましょう。



【豆知識】ブラウズノードの種類と詳細

ブラウズノードには、「ブランチノード」と「リーフノード」の2種類が存在します。

burauzu
➀ブランチノード(枝ノード):
末端のノードを除いたサブカテゴリーのブラウズノードで商品登録には使用しません。
➁リーフノード(葉ノード):
最終地点である末端カテゴリーのブラウズノードでこちらの設定が必要です。

詳細参照:ブラウズノードとリファインメンツについて(amazonヘルプページ)
詳細動画:ブラウズノードの見直しと設定について(YouTube)


5.JANコードの入力 ※必須項目

jan JANコードを入力します。

JANの取得方法や申請については過去記事を参考にしてください。
詳細:JANコード取得についての詳細(別タブで開きます)


まとめ

上記手順で記入していれば重要情報の入力は終わりです。
重要情報1
商品名のキーワードは半角スペースを忘れずに、
使ってはいけない文字や単語に注意してください。

ブラウズノードの登録は必須項目ではありませんが、
売上にも影響する重要項目ですので登録しておきましょう。

その他、細かい部分は入力しておきましょう。
不備があれば出品後に編集することも出来ます。

まずは必須項目+ブラウズノードを登録し、
次の項目「出品情報」を入力しましょう。


その他の記入事項も載せておきますので、
こちらの記事も参考にして新規出品登録をしていきしましょう。

【amazon新規出品登録(商品ページ作成)の手順一覧】
登録の流れ:amazon新規出品の登録方法
新規出品記入項目 1.「重要情報の入力手順」←本記事
2.「出品情報の入力
3.「商品画像のガイドライン
4.「商品説明の入力
5.「検索キーワードの設定





読者さんに稼いでもらうためのメルマガを配信開始!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:MARU

会社勤めに不満がありネットビジネスの世界に参入。
「子供と一緒にいる時間を大切にしたい!」

その想いが原動力となり諦めず努力し続け、今では念願の独立を果たしました!

膨大な時間とお金を費やして得た知識や経験で、
最短で結果が出る正しい情報を発信しています。

一度きりの人生、一緒に変えませんか?



刈取りせどりの生映像

刈取りせどりの瞬間を公開!完全在宅せどりです。

仕入れ商品の判断基準

ランキング変動履歴で売れる商品が予測可能です!